3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 >  ★テーマ別 >  建築全般 >  ショート3D 古代出雲大社神殿をTwinmotionで想像してみました。

ショート3D 古代出雲大社神殿をTwinmotionで想像してみました。

Twinmotionが気に入ったので以前3Dで作った古代出雲大社神殿を再掲、新しくレンダリングし直してアップします。

最初の記事も良かったら読んでみてください。

古代出雲大社神殿を復元してみた その壱

前回、出雲の旅の縁もあって中古(平安時代)に高さ16丈(48m)にも達する高層の神殿が存在したことを裏付ける巨大な柱穴と柱の痕跡が発見され、俄に現実性を帯びたことから大林組が初めてその神殿を復元、ブログにも復元したイラスト図を紹介しました。(クリックすると拡大します)大林組の高さ16丈(48m)のCG復元図宇豆柱として大社境内に復元されている宇豆柱。発掘された宇豆柱(古代出雲歴史博物館)実際に大林組の復元図にも...


2020-03-26-古代出雲大社神殿
古代から日本は漆の一大産地だったので、赤く塗ってみました。

一方の、
2020-03-26-古代の出雲大社神
こちらは素木のままの神殿です。

果たして何方がいいと思いますか?
宜しかったら見比べてください。この建築スタイルは3D京都の勝手な独案に基づいてます。

※ コメントの書き込み欄は下にあります。 

※ お問合せのメールフォームは左サイドバーにあります。  

  
ランキングアップします。お手数掛けますが励ましの二押しお願いします!


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ 
※ ブログに掲載する3DCG、加工済画像等の無断転載は固くお断りします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する