3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 >  ★テーマ別 >  梅村京一朗短歌集 >  フリーサイズ

フリーサイズ


★ 空の貝が 一つもない みそ汁を 飲み干した後の 胃に残る重さ
貝の味噌汁

私は貝の味噌汁が好きだ。だから貝を多めに入れる。すると必ず一つや二つ、

具の無い空の貝があったりする。そんなもんだと思っている。

それがある日、箸でつまんでも空の貝が一つもなかった。私は不意を突かれたかのように少し戸惑った。でも、それだけ詰まっているんだから、今夜は当たりだ、と思い直して飲んだ(食べた?)。


でも、飲み干した後、なぜか満足感がなかった・・・

空が一つもないことの心のこわばり。 深い瀬にいるという「鬼貝」を食べてしまったような・・・。

食後しばらくして、計測できない胃の重さを感じた。


※ 貝の味噌汁は飲む?、それとも食べる?、すする?

  どうも最初が肝心で、先に汁を飲んだら飲む、具から箸につけたら食べる。終始、 飲んでいたら吸い物ですする、ということらしい?


★ 身の丈に 日々を暮らせば 育つ児の フリーサイズな 服を買うてあげる

フリーサイズ

身の丈を知る。程々が良い。という言葉はよく使う。分かってはいるけど、つい羽目を外して後で後悔したり、凝りて、反省して、しばらくおとなしく暮らす。それが背が伸び止まった大人の世界、日常だともいえる。

スーパーの子供服エリア。

そばを通ったら、店員と客の親の声が聞こえてきた。

「来年には直ぐ着れなくなるから、もう一つ上のサイズの方がいいですよ」、「だったら、何年でも着れるフリーサイズはないかしら?」。

そんなものはないと思う。子供は成長している。


どこまで伸びるかわからない子供の世界に、「フリーサイズ」は親の期待、希望、夢がこもっている。

けれど、子供の頃の自分がそうであったように、大人へと成長していく過程で、自分の未来が固定化していくことがわかってくると、その現実と理想の振れ幅をフリーサイズで収める。そんな世界も垣間見えてくる。

子供にとってのフリーサイズは成長と未来。

大人ににとっては、時にシェルター替わり。


子供服売り場の若い母親の表情からは、フリーサイズへの惑いがあるかのようだった。


※ コメントの書き込み欄は下にあります。

※ お問合せのメールフォームは左サイドバーにあります。
 
ランキングアップします。お手数掛けますが励ましの二押しお願いします!



にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

※ ブログに掲載する3DCG、加工済画像等の無断転載は固くお断りします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する