3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 >  ★テーマ別 >  梅村京一朗短歌集 >  ラーメン街道をゆく

ラーメン街道をゆく


★ ハッピ着る 君を見つけて 手を振れば ディーラー日和の 売れるといいね

いつも半年点検とうるさく言ってくる営業のC君。遅くまで仕事をしている。気まぐれなドライバーを相手するのは大変だと思う。けれど彼はめげず頑張っている。憎めない顔は天性の営業マンかもしれない。次に買うときまで待ってろよ! と尊敬とファイトを込め手を振っているのだよ。C君。


★ 北白川 というラーメン店のあり 京味か 濃いも薄いも ラーメン街道をゆく

ラーメン店看板

最近増えている外食店は焼肉系とラーメン店。一方でうどん・蕎麦屋さんが減っているような気がする。流行とともに嗜好も変わるということなんだけど。店員の白い長靴の汚れ具合が食欲をそそるというラーメン店の摩訶不思議なメカニズム。そんななかで「北白川」なんて上品な店名をつけて大丈夫?とつい気になる。大きなお世話かもしれないけどね。今夜もまた美味しい店を求めてラーメン街道を走る。


★ 二股の 電線に休む 二羽のカラス 追いつ追われつ 冬は恋の始まり

カラスの夫婦は一生連れ添うという。あの真っ黒な姿からは想像もできない純情だ。そのカラスたち、冬は恋と失恋の季節。


★ 駅前に 増えるマンション 知らぬ間に 相続相談の 看板のあり

駅前マンション

次々と建つ駅前のマンション。その多くが老夫婦をターゲットにしている。電車やバスで市民病院にも行ける。一回り歩いて暮らせる安心と利便な環境。でも、そこにもやはり人生の精算というものが来るのですね。



※ コメントの書き込み欄は下にあります。

※ お問合せのメールフォームは左サイドバーにあります。
 
ランキングアップします。お手数掛けますが励ましの二押しお願いします!



にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

※ ブログに掲載する3DCG、加工済画像等の無断転載は固くお断りします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する