3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 >  ★テーマ別 >  梅村京一朗短歌集 >  さよならの問い合わせ

さよならの問い合わせ

実は「さよならの問い合わせ」ではなかった。「お礼の問い合わせ」だった。

つい先日、これから始めるささやかな事業の認可が下りた。嬉しくもあり、ここからが本当のスタートだと、今、心を引き締めているが、それでも不安なことがあって、直接、農林水産省の部局に電話で聞いてみる。それでも心配なので記録が残る問合せメールで改めて質問してみた。応えてくれた方は電話のときの同じ方だった。

私は今後の事業で気になる点を幾つか書いた。そんな私に担当官は丁寧に返事を下さった。官僚という立場の答える限りの言質を頂いた。いわば、お墨付きを得たかった・・・。私はお礼のメールを返したかった。でも、問合せメールは聞きたいこと、質問したいことを書くフォーマットだ。だからお礼のメールをするのも場違い。そのまま日にちが経った。

「お礼の問い合わせ」があり得ないフォーマットならば、「さよならの問い合わせ」はもっと意味不明な問合せだろう。と、なぜか「さよなら」の言葉が出てきた。

若き頃、好きな女性と付き合うことは常に別れを予感するものだった。なぜなら、いつ彼女から別れの言葉を切り出されるか心配だったから。それだけ私は軟弱で自信がなかった。

そして、別れた。毎週会っていたのが月二回、一回、後は疎遠へと自然消滅していった。言葉にしない別れ。それは彼女の優しさと恐れの表明だった。

歳を重ねても、男はたまに過去の彼女の事を思い出すものだ。喧嘩別れじゃなかったから、私には抒情を伴う思い出だ。懐かしい。今、思えば、疎遠になっていった行程は、「さよならの問い合わせ」だったのだ、と今更ながら思う。

やっと見つけた。「さよならの問い合わせ」」の語法を。

強い風が吹いているけれど空はあまねく蒼天だ。台風は去った。さぁ、人生最後のチァレンジだ。私は生きる。


★ アベリアの 茎は伸び過ぎて 剪定を 待つばかりの 花心かな

アベリア

アベリアの木はよく生垣に使われるそうだ。花期は春から秋ととても生命力のある低木らしい。

六月、いつもの湖畔の散歩道を歩いていると、生垣のアベリアの茎だけ一馬身と思えるほど空に伸びている。伸びすぎだよ、辛くないかい?とどうも気になる。生垣だから、バリカンでサットと一文字に刈ったら気持ちいいだろうなぁ、と思うのは私だけではあるまい。そうだよ。人間側だけじゃないよ。アベリアだってきっと剪定を待っている。綺麗さっぱりと気持ちよくないたいのは、人も花も一緒だよね?。と、花ごころに聞いてみたくなる。


★ 助手席に ちょこんと座る 犬の顔 気持ち良さげに 人間化してる
車と犬

なんだよ、その涼やかね眼、気持ち良さげな顔は。いい飼い主さんに出会って良かったね。「何も歩くだけが散歩じゃないよ、ドライブは楽しいよ」、そんな事思いながら外を眺めているのだろうか? 犬の心具合はわからない。でも、表情は確実に人間化している。


★ 旅支度 帰りの予約を しておいて 終わりから始まる オフロードを行く
切符

一人旅だったら帰りの切符など事前に買わない。気ままに漂泊し金が無くなったら帰る。でも、家族をともなった旅はちがう。帰りの予約もキチンとしておいて安心と安全を心がける。大切な家族だ。ただ、どこか気持ちの一辺には、片道切符の旅をしてみたい気持ちがある。気に入った場所で自由に途中下車したいから。安心という終わりから始まる家族のオンロードな旅。でも私の心の旅はオフロードだ。

★ 伸び止まる 丈き草たちよ 猛々しく 生きずなら捨てろ 夏の冠

今年の夏、とくにセイタカアワダチソウが丈高く伸びている。耕作放棄地にすぐヤドカリしてあっという間に草の樹林ができる。猛々しく夏らしい草だがどうにも好きになれない。日本の風土・風景にはとても合わない外来種だ。なのに山羊の好物?だという。どうせ生えるなら天高く生え獰猛な夏を演出しろ! そして、伸び代が止まったら夏の終わり。野草の宝冠をススキに返してくれ。と叫びたくなる。10月、アワダチソウの黄色い花たちが咲き誇っている。でも花が枯れれば、それまで隠れていたススキが表舞台に出てくる。ススキはやっぱり日本に似合ってる。たとえ荒野でも萱の穂波は美しい。アワダチソウの方は荒野をより荒野にしている。

戦国時代、なぜ馬が疾走し合戦が繰り広げられることができたのか? それは萱のおかげだ。家々の屋根はみな萱で葺かれ至る所に萱の草原が広がっていた。そこで戦われたのだ。以上は私の勝手な解釈。合戦はススキのせいではありませんからね。今は野焼きもなくセイタカアワダチソウの天下。月に薄。それはもう夢なのかな。



※ コメントの書き込み欄は下にあります。

※ お問合せのメールフォームは左サイドバーにあります。
 
ランキングアップします。お手数掛けますが励ましの二押しお願いします!



にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

※ ブログに掲載する3DCG、加工済画像等の無断転載は固くお断りします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する