3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 > 2019年05月

実は京都御所は江戸城より豪華だった! 後編

ちょっと間が空きました。すみません。前編に引き続き記事タイトルの実は~に迫っていくわけですが、そのまえにお見せしたい御所の古写真とか色々ありまして幾つか紹介します。ネット初公開?のも含まれるかもですよ。ちなみに、前回記事以来、戦前まで残っていた御所の建物の屋根について情報を得るため宮内庁公文書館へ行って参った次第ですが、頂いた情報・「京都御所屋根之圖明治十三年七月改正」以外にも予め同公文書館の目録...

... 続きを読む

No Subject * by 京一朗
五反田猫様 コメントありがとうございます。

>ところで、写真が2枚一組なのは、立体視出来るようにですか?

私もわかりません。壬申検査では御所のもっといろんな所を撮った写真を見たかったのですが、どうしても紫宸殿や清涼殿などの御殿になってしまいますね。当時の御所の暮らしぶりが分かるような台所や局、詰所などの写真が残ってないのは、当時からすれば当たり前の風景で珍しくもなかったのでしょうね。
現代でもごくに普通のことが後世、貴重な資料になることもあるでしょうね。

御所の古写真では結構、内侍所を寫したものがありますが、当時もやはり特別な存在だったんでしょうか?

橿原神宮に移築されましたが、同神宮の雰囲気もいいですね。

”日陰糸”さっそくググりましたが、見てみて「あぁ、あれかぁ」と葵祭の斎王代を思い起こしました。大嘗祭にも使われるんですね。

屋根の変遷 * by 五反田猫
京一朗さん

前回に引き続き、貴重な資料と、まとめの話を有難うございます。 こうして資料と合わせて、数値化出来るデータを見せて頂けると、御所の屋根や構造がとても良く判ります。

明治の写真は、私も拝見した事があるのですが、結構 瓦葺が多いですよね。 装束も、明治になって直垂が参内用に正式化された時期があり、これも武家風な感じなのです。
(ところで、写真が2枚一組なのは、立体視出来るようにですか?)

一方で、ご指摘のような清浄さという考え方。
これは、外国人のブルーノ.タウトが、檜皮で自然に溶け込む桂離宮と、豪華な日光東照宮との対比でも指摘したのですが、まさに仰る通りなのだと思います。
白木の美しさ、なるべく自然であるものの美しさを表現するのが宮廷文化なのだと思います。
今年は御大礼の年でもあり、そこで出てくる装束に用いられる「日陰の糸」などは、まさにその好例ですよね。

これからも、お話しや3D楽しみにしております。
どうぞお元気でお過ごし下さい。

No Subject * by 京一朗
大原様 コメントありがとうございます。

>銅屋根は中韓にはほとんどなく、日本的だなあと思いましたね(朝鮮通信使も銅屋根を記録し、その贅沢さは異常と記録していました)。

それは知りませんでした。銅屋根も腐食してからがいい趣だしますね。
中国あたりだと紫禁城など、釉薬で焼いた黄金色の屋根が沢山葺かれていますが、あの黄金色の瓦一枚でもとても値が高いそうです。

将軍も、皇帝もまざまざと権力を見せつける感じですね。

檜皮・杮葺き職人ですけど、最近は建物の復原もあって徐々に増えているそうです。

管理人のみ閲覧できます * by -

No Subject * by 大原かずのり
京一朗さんの執念と情熱に拍手です!
4m、縦2.5mとは、ととととんでもない大きさですね(笑)^^;
しかし情報入手のために努力を惜しまずの姿勢に頭が下がります。

武家上流階級は銅瓦屋根が好きだったイメージがあります。日光に立ち寄りましたが銅瓦の連なりが見事でした。特に奥社は銅だらけ^^;
銅屋根は中韓にはほとんどなく、日本的だなあと思いましたね(朝鮮通信使も銅屋根を記録し、その贅沢さは異常と記録していました)。

しかし、やはり京都御所の魅力は檜皮葺きなんでしょうね。おっしゃるように、優美なライン、柔らかさ、優雅さ、これは檜皮や杮でなければ出せないように思います。
維持はますます大変でしょうが受け継いでいってほしいですね。



実は京都御所は江戸城より豪華だった! 前編

24日、皇居の本丸北に位置する宮内庁の公文書館へ行ってきました。同館は宮内庁書陵部に属し明治以後の宮内省・宮内府・宮内庁が作成又は取得し,同館に移管された特定歴史公文書等を所蔵している所です。同じ書陵部には明治以前の代々皇室に伝わってきたものを中核とする古典籍・古文書類を所蔵している図書寮があります。どちらも同じ書陵部の建物の中にあります。以前、数度、図書寮の方へは行ったことがありますが公文書館の方...

... 続きを読む

読者の方から情報を頂きました!

情報を下さった方ありがとうございます。とても有益な情報です。さっそく、前記事の屋根の記述について間違いがわかりこの場で訂正させて頂きます。宣秋門側の切手番所。切手番所の屋根ですが、前記事では「入母屋の屋根は明治以後に改造に伴って付け足され、下の庇の方が創建当初からあった寄棟屋根」というふうに書きましたが、それは間違いでした。頂いた情報の古写真から、最初から写真で見るような入母屋屋根に庇が付くもので...

... 続きを読む

どなたか教えてください!

本記事では「賄い部屋」を作る予定で準備を進めていますが、今、屋根の形状をどうしたらよいか思案に暮れています。どんな箇所? と聞かれれば一口では言い表せません・・・。日本建築にとって屋根の占めるウェイトはとても大きいものがあると思います。その屋根について分からない点が多く自分の不甲斐なさを情けなく思っているところです。最初に一言、お願いさせて頂きますと、近代以前の日本建築に詳しい方教えてください!と...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

戦前まで残っていた京都御所の大台所廻りの3Dにチャレンジ! 武家溜まり間

「溜まり場」と「溜まり間」とどう違うのだろう? そんな軽い疑問から始まった武家溜まり間(正確には溜まり之間)の3Dが完成しました。溜まり場、というと何となく良いイメージがありません。○○の溜まり場になっている、最近だと”半グレ”の集団がたむろしている場とか、という感じ。語源を調べると「仲間がいつも寄り集まる一定の場所」とか「なすべき物事が処理されず、しだいに増えていったりとどこおったりしたままである」と...

... 続きを読む