3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 > 2018年07月

上げ底の歌

様々な傷跡を残したが台風12号もやっと去っていった、という訳にもいかない最近の台風。まだ九州に停滞しているようだ。「台風一過雲一つなく」という表現は最近ではピントがずれている。確かに晴天が戻っても、うだるような暑さが残る・・・。以前はカラッと晴れた爽やかさを伴ってきたけど。台風が去ると再び耳元に聴こえてくるのはセミの鳴き声。もし、この地上にニイニイゼミの「ツーー」という抑揚のない低周波音だけだったら...

... 続きを読む

王政復古のクーデターが成功したのは実は小御所の間取りのせいだった!?

小御所までの3D完成に漕ぎつけました。後は御学問所と御常御殿。それに渡り廊を加えれば御所の雰囲気もかなり出て来るのではと個人的に期待しています。さぁ、今回取り上げる小御所ですが、幕末の慶応3年12月9日(1868年1月3日)に京都・小御所で行われた王政復古の最初の会議で実質クーデターが行われた舞台として知られています。、同日、先に御学問所で正式に王政復古の大号令が発せられ京都守護職・京都所司代の廃止、幕府の...

... 続きを読む

NoTitle * by -
五反田猫様
コメントありがとうございます。
拙い3Dながらお褒め頂きこれもありがとうございます。「内覧をもつ関白の廃止、公家社会を二重支配していた「門流」の廃止で堂上公家が天皇の直臣である事が組織上も明確になりました。」、このコメントですが眼に鱗でした。勉強になります。直臣かぁ、だから門流外の公家は外様といわれ御所での詰所も別々になっていたのですね。

摂家を優遇することによって公家をコントロールする。幕閣も考えたものですね。英国みたいです。

また、いろいろと教えてください。

小御所会議 * by 五反田猫
京一朗さま とても素敵な小御所の景色ですね。

御学問所との比較の話も興味深く読みました。
どちらも、池に面しているのですが、随分と建物の雰囲気が違いますね。 

「王政復古の大号令」は、公家社会にも大きな影響を与えました。 内覧をもつ関白の廃止、公家社会を二重支配していた「門流」の廃止で堂上公家が天皇の直臣である事が組織上も明確になりました。
裏返せば、公家社会でも幕府と結んだ摂家による支配があり、これが朝廷の独立性を制限おりました。
それが無くなる事で、朝廷でも王政復古になったのですね。

NoTitle * by 京一朗
Hakka様
コメントありがとうございます。
お褒め頂いてなんか痒くなってきました 笑。
でも、ホント励みになります。

御所の庭園ですが一部3D化する考えはあります。
反り橋の図面もありますし。

ただ、拘ると限りがないので、第一期、二期工事みたいに分けて徐々に作っていこうと思ってます。

3Dは手間もかかるので夜更かししてしまう時もあります。妻からはいつも叱られています。最近は食事の後にお茶を出したりしてご機嫌とってます。

にしても、何か突き動かされるものがあって作ってしまうのです。

NoTitle * by 京一朗
はむこたん様
コメントありがとうございます。
とても励みになります。
私も御所の大和絵は大好きです。
二条城の金碧障壁画とは違った優雅さ、上品さがありますね。

NoTitle * by はむこたん
襖障子が鮮やかで、すごく映えますね。
見ていて物語が感じられて、ぜんぜん飽きません!

こんばんは * by Hakka
3D、襖絵までお見事ですね。一般参観では建物内までは見学できないので、参考になります。
同様に、隅々まで見学できない庭園も3D化して頂けたら…と、勝手な願望を抱いてしまいます。

夏祭り

7月に入って冷房病というか夏バテ気味で頭も朦朧。短歌もこちらから作るのではなく、あちらの世界?からやってくるので、ただ口を開けて待っている。まったく受け身。結社誌に所属しないのも、毎月の投稿のノルマとかあったら、自分はすぐに根を上げてしまうだろう、と思っているからブログに好きなように載せている。ブロガーの方には定期的に休まず歌をアップしている方もみえて私からみればまさに驚異の対象。中には作りだめし...

... 続きを読む

Mysterious Japan ― 京都御所渡り廊を巡って

京都御所にはたくさんの廊下があります。殿舎間を繋ぐ廊下は「渡り廊」と言って廊下の”下”の字を使わない場合もあります。これは寝殿造では、廊下を渡り殿とか透廊と呼んだ名残があって、また、”殿上人”という言葉があるように、主に貴族階級(公家等)など、彼らが廊下を歩く訳にはいきません。”下”に下がるからです。とくに朝廷ではこの用語に拘った形跡があります。ですから近世の指図を見ても廊下の呼称が「廊下」や「渡り廊」...

... 続きを読む

白亜紀の味

「最大級の警戒を」とテレビが立て続けに警報を告げている。台風七号が温帯低気圧に変わって「ヤレヤレ」と思っていた矢先、こんなに雨雲が停滞し大雨を降らすとは・・・大勢の人たちが避難を余儀なくしている。亡くなった人もいる。ただただ悼む。早く雨の終息とと避難解除を祈るばかりだ。こうも天候不順が続くと日本は大丈夫かな・・・と思ってしまう。イントロも書けない気分。なんか気分が重い。★ ワイパーに 雨粒が消える...

... 続きを読む