3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 > 2018年05月

アンブレラ

★ アンブレラ 玄関ノブに 掛けられて 引越して間もなき 家族のあり流石にその新築の家の玄関先まで近づくことはヤメた。玄関ドアのノブに傘が掛けられているのを見つけたからだ。床まで届かない。そうか、子供がいるんだ。その子は傘を置いて何処へ行っているのだろう?ひょっとして何かの家族間のサイン?いや、そんなこともないだろう。まだ引っ越して間もなく、慌ただしい様子が何となく伝わってくる。これから、いろんな...

... 続きを読む

京都御所の六門と築地塀を作りました ② 3DCG編

さあて、本命、御所の六門と築地塀の3DCGを一気に掲載しますよ。CG画はすべてクリックすると拡大します。再確認ですけど、現在残る御所は、安政(1855年)築造で、築地塀で囲まれた面積約11万平方メートルの区域を占めます。御所の敷地は東西約250メートル、南北約450メートルの南北に長い広大な敷地面積です。その御所を囲む築地塀には計六の門があります。今回はこの門を作りました。一応、格式に基づいてそれなりに作りました...

... 続きを読む

京都御所の六門と築地塀を作りました ①その前に

今回、京都御所の六門と築地塀を作りましたが、その前に、3Dで作る際に幾つか気づいたことや発見?というか実は後の祭り的ヘマや失敗の自己弁護用予防線として書きました。ですから、ここに書きました事を前提に、その②で、一気に3DCGを掲載しますのでどうか「また、やらかしたか」と思わず温かい眼でみていただけるとありがたいです 笑。さて、後の祭りの最大の案件からいきます。まず写真を見てください。御所の南に位置する正...

... 続きを読む

方広寺大仏殿の丸瓦について

読者の方から、「方廣寺 大仏殿、と書かれた巨大な丸瓦を手に入れたが、本物でしょうか?当時の大仏殿の最大の丸瓦はどれぐらいだったと推測されるのでしょうか? 分かるようであれば、ご教授ください」との問い合わせコメントを頂きました。残念ながら方広寺の瓦の史料については持ち合わせていません。ご依頼に添えず申し訳ありません。ただ、手元に昭和55年に刊行された「東大寺金堂(大仏殿)修理工事報告書」がありまして、そ...

... 続きを読む

御所 紫宸殿の回廊と諸門を作りました

承明門に次ぎ御所紫宸殿を取り巻く回廊と諸門を3Dで作ってみました。この現在見る、京都御所の紫宸殿を取り巻く回廊と諸門は御所の焼失により安政度(1855年)に再建・造営されたものですが、そのお手本となった内裏は寛政度(1790年)に造営された御所で、安政度はほぼそのまま配置・形式を踏襲したものです。寛政度内裏の特徴は、紫宸殿の南庭に回廊と諸門を平安の古制に倣って復古造営したことです。それまでの桃山・江戸時代に...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -