3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 > 2018年01月

新発見!! 中院家指図は幕末最後の公家屋敷だった! 中編

中院家指図の核心に入っていく前に(大げさかな)、中院家についてどのような公家さんなのか少し触れてみたいと思います。中院家(なかのいん け、と読みます)は、大臣家の家格を持つ公家。摂家、清華家の次に位する立ち位置で同じ大臣家には嵯峨家(正親町三条)、三条西家、そして中院家の三家あります。摂家が5家、清家家が7家。その後に続くわけですから公家のなかでは中の上クラスですね(中院家の方、失礼な物言いですみません...

... 続きを読む

新発見!! 中院家指図は幕末最後の公家屋敷だった! 前編

少し久し振り、以前から収集していた公家屋敷の指図を眺めていまして、そのなかで二分割されている中院家の指図を一枚にくっ付けてみたら、どこかで見た覚えがある・・・と、そこから同家の指図が気になって調べていくうち、「どうも、この中院家指図は作成された時期と根拠が唯一明らかな幕末の公家屋敷。しかも明治4年の公家町を京都府へ返上する上知令直前の公家屋敷の姿を伝えるとても貴重な指図ではないか」と思われてきて、...

... 続きを読む

No Subject * by 京一朗
Kuma83様 コメントありがとうございます。

中院家の指図についてですが、

京都大学附属図書館の資料名で、

中院家本 登録番号 262723 「中院家拝領屋敷図」11枚+袋1枚 マイクロフィルム43コマ分、

となっています。このときはまだマイクロフィルムにはなってなくて撮影を依頼、複写したものを郵送で送って頂いた経緯があります。

詳細については、同大学付属図書館の特殊資料掛までお問合せください。電話番号は 075-753-2640 です(変わっていなければです)。

以上ですけど、少しでもお役にたてれば幸いです。

No Subject * by Kuma83
京一朗さま

楽しく拝見させていただいております。
ブログを拝見し、中院家の指図に非常に興味が引かれました。京都大学のアーカイブで検索したのですが、本文にあった「当家拝領屋敷」といものが、どこに収録されているかが分かりませんでした。
もし、差し支えなければご教授いただけませんでしょうか?

年輪のない森

★ 閉められた 窓のブラインドが 揺れている 終末期病棟を 行き交うストレッチャーパイプを抜ける風の声に金属音の寂しさを感じた後、病院に見舞いに行った。長い廊下を抜け、終末期病棟に入った。窓は閉まっているのに微かにブラインドが揺れていた。廊下の隅にストレッチャーが置いてあった。だからその振動の余韻かもしれない。病室に入り本人を見舞った。お世話になった方だ。 本人はもう自分が末期であることを知っている...

... 続きを読む

パキラの木

★ 戯れに 母のフードを  引っ張る児  ビッフェの周りは 食べることでいっぱい最近、開店したばかりのお店はビッフェスタイルのレストラン。けっこう美味しい。家族や友人、カップルで賑わっている。少し設計ミスかな。もう少しビッフェ周りが広ければ、ゆったりと選んでお気に入りの食べ物をお皿にのせれるのに。その児は食べるよりお母さんに遊んでもらう方がいいみたいだ。だからお母さんの暖かい首のフードを引っ張って、...

... 続きを読む

「恵まれなかったから今がある」

今年ももう1月の下旬、あっという間に過ぎて二月の声を聴いたら、もう平成30年の大晦日を迎えるような、そんな錯覚を覚える時の経過の加速感です。「自分は何をしているのか」と自問自答ばかりしています。そんな先日の夜、妻から「いい番組だから来て観て」と言われ、リビングのテレビを見たら、テレビ東京の「カンブリア宮殿」を放送してました。久しぶりに観ます。村上龍も「限りなく不透明に近い」ような人生に揉まれた顔をし...

... 続きを読む