3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 > 2017年04月

インスタやるとAHOになる??

しばらく3D制作をサボっていたので今、新しい作品に取り掛かっています。前、新選組の最後の本営・不動堂村屯所の間取り図を作成、さあ、これから3Dで立体化・・・・というところで止まったまま。結構な制作日数がかかる予感がして怖気づいて結局そのまま放置状態で今日を迎えました。相変わらずの怠け者です。いずれ、作って完成させる予定ですが、今回は先にコンパクトな亭閣を一つ制作開始しました。何を?、と問われても申...

... 続きを読む

NoTitle * by 管理人
たま様
コメントありがとうございました。
たまさんはアフィリエイトのサイトを運営されているんですね。いやー、プロの前で偉そうなこと書いてしまいました。また、よかったら当ブログ覗いてください。

こんにちは★ * by たま
こんにちは!
「人気ブログランキング」から来ました♪
たまと言います。
ちょこちょこ遊びに来させて頂いてます!
とても見やすく綺麗なサイトですね。
勉強になります。
綺麗なサイト作りを私も目指しています。
また遊びに来ます!
良かったら遊びにも来てくださいね♪
ポチッ!応援完了です★
http://tamanojouhoushouzai.com/

「上皇様」とお呼びしてよろしいですか?

今月6日、天皇陛下の譲位などを検討する政府の有識者会議が、天皇陛下の退位後の称号を「上皇」とする方向で最終的な調整が進められる方向、との報道がありました。正式には太上天皇、略して上皇さまの尊号は江戸時代の光格上皇以来、ずっと空位のままでしたがこれで、もし平成30年、今上陛下が譲位されたら約二百年振りの「上皇」位の復活です。まさか、歴史上でしか接することができなかった上皇様を、この目で拝見できる機会が...

... 続きを読む

先程の管理者専用への投稿は * by taka
ミスでした。すみません。

管理人のみ閲覧できます * by -

NoTitle * by -
takaさんコメントありがとうございます。赤い皇族? ちょっと禁忌ですよ・・・笑。私も誰かなぁ・・・と気になる方はいます。戦後、バイニング夫人等の米国型民主主義の影響もあるかもしれません。現皇太子殿下がご結婚前に登山をされた際に随伴した記者の一人が「この御方のためなら命を投げ出してもいい!」とまで週刊誌に書いた記事を読んだことがあり、殿下は人を惹きつける天子の徳をもった御方だなぁ、と今も思っています。殿下は水運の歴史にも造詣が深く、山がちで狭い国土の日本において、いかに水運が重要な役割を果たしてきたか、きっと明察されたのでしょう。
後、これは私もご皇室に不遜ではと思いますが一つ気になったことがまります。
今般、秋篠宮家ご長女の眞子内親王様が一般人の小室さんと婚約されましたが、正直、今一盛り上がってない気がします。美智子皇后様のご成婚のときの「民間出身で初めて!」と戦後日本の民主主義の浸透を讃え盛大に盛り上がりましたが、今回は静かです。出雲大社の千家家へ嫁がれた高円宮憲仁親王の次女・典子さまの方がニュースで話題になったほどです。時代は普通の恋愛から高貴、名家なる成婚を望む一つの新しい潮流が出始めた気がします。時代の潮目といいますか、戦後民主主義が色褪せてきたかのかな?
願わくば、不敬ですが敢えて申しますと、眞子内親王様は旧宮家の方とのご結婚をして頂きたかった。旧宮家の存在が俄に皇室安定の先鞭となったかもしれないからです。
なんか、コメントの返事というよりも記事みたいですね。今度、コメント頂いたら記事に書こうかな?どうです。

NoTitle * by taka
遅まきながらコメントを。旧宮家の復帰というのは私は条件付賛成ですね。
現在非常に不遜ながらも言わせて頂くと、『赤い皇族』の一族の存在があり
非常に不愉快に思っています。革命論者の様な主張は致しませんが、粛々
とご退場願いたいというのが個人的な感想です。

現皇族ですらそのようなお方が存在するくらいですから、旧宮家に至って
は当然そのようなお方が存在する可能性も高いでしょう。誰とは言いませ
んよ。決してJOCのトップだなんて、そんな事を言うつもりは全くあり
ませんとも。

そして最近良くテレビ出演なさられておられる旧宮家の方、あの方も一見
愛国者・愛皇室者の様な顔をしていて実際はその正反対だと私は思って
おります。当然その様な方の宮家復帰等、獅子身中の虫を増やすだけだと
思っております。

しかし美濃部達吉をある程度評価している、とは驚きでした。似非愛国者
の中には彼の名前が出るだけで左翼扱いですからそこは凄いと思ってます。
天皇陛下に絶対忠誠という事は、陛下が大国主の決断をしたとして無条件
で賛成するのか? という危機感から来た愛国心から来たものだと思います。
最も息子さんの方はどうしようも無い方ですが。ただ彼の主張は実質
御前会議の存在がある時点で杞憂というか、戦前はある意味憲法違反状態の
政治制度が確立していたんですけどね。

まあとにかく、宮家復興は『血統性』と『世襲王家』の両輪で行うべきで
しょうね。もし『血統性』だけ主張して伏見宮家を語ると、『西陣南帝』
の子孫はどうした、なんて事を言う人が出てきかねませんからね。

声明

★ その店は 道を挟んで 二つあり 往復が日々の あなたは逝きてなくなった嘉右エ門(よしえもん)さんのお店は県道を挟んで二店舗ある。嘉右エ門さんは父の代からとてもお世話になった方だ。地元にも貢献し父の株の先生でもあった。その道を挟んだ二店舗を毎日、往復するのが嘉右エ門さんの仕事の一つだった。歳をとって車に撥ねられないかなぁ・・・と心配していたが、一昨年、もう歳で亡くなられた。もし店舗が一つだったら、...

... 続きを読む