3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 > 2015年11月

東寺五重塔を3Dで作ってみました。

京都の風景と言いますと、新幹線の車窓からも見える東寺五重塔がすぐ思い浮かびます。時代劇の借景にもよく使われ、洛中洛外図もこの塔から俯瞰して描いたものと言われています。(クリックすると大きくなります)東寺自体は平安京鎮護のための官寺として延暦15年(796年)ごろ建立されそれから二十数年後の弘仁14年(823年)には、真言宗の宗祖である空海(弘法大師)に嵯峨天皇から真言密教の根本道場として与えられました。寺域...

... 続きを読む

平安京大極殿の基壇部を訂正しました。

先日、平安京の大極殿を3Dで再現してみましたが、どうも平面基壇部の階段が正面南側には三基あったようですので階段を一基から3基に訂正しました。現在も、大極殿の正確な基壇の全容はわかっていませんが、後白川天皇が編纂を命じた「年中行事絵巻」に描かれている大極殿、そして、平安遷都千百年紀念祭にあわせて明治28(1895)年に刊行された「平安通志」所載の朝堂院図にも3基の正面階段が描かれているので今回、訂正しました。...

... 続きを読む

家を三度建ててわかったこと・・・其ノ二

家を三度建ててわかったこと・・・其ノ二ということで、今回、建てて頂いてる棟梁(社長)に改めてインタビュー?しました。若き頃の記者魂?が蘇るようです。お話を聞くにあたっては、あらかじめ質問事項をピックアップしておけば良かったのですが、ぶっつけ本番であらぬ方向に話が飛び、何を聞きたかったのか?まとまりのない内容になってしまいました。それでも、棟梁からいろんなことが聞けて楽しかったです。その棟梁はずっと...

... 続きを読む

NoTitle * by -
おもしろいです!

大極殿(平安京)の3Dを作ってみました。

このブログを始めたころ、平安京の朝堂院(大極殿含む)の3Dを作成しましたが今回作った大極殿と較べると、自分でいうのも何ですが、「なんと下手くそな3Dだったんだろう!」との思いばかり。日々、精進すれば上達するんですね・・・でも、その分、手を抜けなくなるので負担も少々かかります。初期の頃作った3Dは今とは別のアプリだったので、パーツ、とくにテクスチャが引き継げないので、一から作り直しってのも多いです。...

... 続きを読む