3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 > 2013年01月

新島八重と一枚の古写真

一枚の古い写真を巡って調べていたら新島八重と出会いました。 その古写真とは、幕末、摂家・九条家の河原町別邸と思われる写真です。 (九条家河原町別邸と思われる古写真) この写真は国立国会図書館が所蔵する写真で、以前から気になっていた写真でした。明確に「九条家」の河原町別邸とは確認できなかったからです。 しかし、今回、改めて幕末の御所周辺地図と現在の地図及び所在地の住所など調べるうち、ほぼ九条家の河原町別邸...

... 続きを読む

カテゴリーを変更しました。

いつもお世話になります。 拙いブログですが、常日頃、たくさんの方々に訪問して頂き感謝しております。 少しでも見やすく読みやすいブログを心がけていますが、今回、その試みの一つとしてカテゴリーを変更しました。 変更した点は、 ①カテゴリーを、「時代別」と「テーマ別」の二つに大きく分けました。そして、その階層下に子カテゴリーを配列しました。 ②時代別カテゴリーを西暦の時系列で縦直列に並べました。 ③テーマ別はそ...

... 続きを読む

二条城本丸御殿の車寄せ(玄関)を作ってみました。

今、塀フェチに凝っています。あれこれ、20塀ほど作ったかな? というのも、昔のお屋敷にとって塀はいろんな意味で欠かせない建築パーツでしたからね。身分の上下から、公家、武士、町屋、庄屋と、それらの階級に従って様々な塀が作られました。 日本建築にとって屋敷を取り巻く塀はステータスとともに低い家並に一定のアウトラインを引く水平志向の美しさがあります。同じ塀といってもコンクリートブロックだとガックリですけど。...

... 続きを読む

お公家さんの文庫蔵を作ってみました。

今回、とてもシンプルで飾りのない、それでいてすっきりとした清浄さが伝わるお公家さんの文庫蔵を作ってみました。 例によって清閑寺家の邸宅製作のパーツの一つとして作るものですが、 そのベースとしたのは、恐れ多いことに、あの冷泉家の文庫蔵です。同家の屋敷修理報告書に文庫蔵の寸法、立面図等記載されていたので参考にさせて頂きました。 ですから外形的にはなかり似ていると思います。ただ扉や窓など詳しい図柄というか...

... 続きを読む

桃山仕様の唐門を作ってみました

昨日は大徳寺唐門をベースにした白木造りの比較的簡素な唐門を作りましたが、本日は、より豪華な安土桃山時代風(寛永仕様かも?)の向唐門を作りました。 手抜きとは申しませんが、一応、大徳寺唐門の屋根と四足門を一部変更を加えながら西本願寺唐門作成に転用しました。そして豪華な飾り金具や装飾彫刻(テクスチャ)でまさにコテコテに飾りつけました。もう、大徳寺唐門の面影は微塵もありません。四足柱も円柱から四角柱に変え、...

... 続きを読む