3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 > 2012年02月

もし金閣の一階まで「金箔」尽くしだったら・・・

なぜ、室町三代将軍・義満は金閣の一階には金箔を貼らなかったのだろう・・・??と疑問に思うのはごく自然だと思います。通説では、一階は公家の寝殿造り、二階は武家の書院造り、公家の上に優位に立とうとした義満はわざと一階を簡素なものにした・・・なるほどそうかもしれない・・・三層の屋根には鳳凰が下下を睥睨しており場合によっては天皇さえも自分の権力の掌中に抑えようと思っていたかもしれません。一方、一階を白木の...

... 続きを読む

コメントありがとうございます。 * by 管理人
しげ様、
コメントありがとうございます。
参考にさせて頂きます。
以前、父が焼失前の金閣の内部を見たことがあると聞きました。また聞いてみようと思います。

実際の慈照寺舎利殿 * by しげ
実際の創建時の舎利殿の仕上げは、一階が素木仕上げ、二階が黒漆塗り仕上げ、三階が金箔貼り仕上げと、各階で異なった色と仕上げだったという説があります。

遺構が火災で焼失してしまっているのでサンプルを取って化学分析などして検証することができませんが、もし修理時に取り換えたりした古材の一部が残されていれば真相が分かるかもしれません。

公家屋敷の遺構を探す旅 その(六)

今回、ご紹介する公家屋敷の遺構はいずれも京都新聞社刊行の「京が残す 先賢の住まい」からの抜粋。同書は1989年発行の古本です。アマゾンで売っているかなぁ?様々な分野の主に学者さんの住まいを紹介しています。京都の郷土本でもあまりみかけないタイプで興味尽きない本ですよ。発行が今から20年以上前ですから、住まいも当時からは変わっていると思いますが、せっかくですから、そのなかから公家関係のお屋敷を紹介しますね。...

... 続きを読む

寛永度二条城天守閣を造ってみました。

今回、初めて城郭の3Dに挑んでみました。取り合えず京都に絞るということで、候補としては、聚楽第、伏見城、二条城、淀城が挙げられましたが、比較的、天守の資料が残っている二条城にしました。したからといって全然、自信はなく初めての天守閣作成なので、例によっていろいろと簡略化してしまいました。ブログ仕様といったら叱られてしまうかなぁ・・・それでも頑張ったんですよ。先日作ったもののほうは初歩的ミスでデータそ...

... 続きを読む

革嶋館の外観が出来ました。

今日はFC2の繋がりが悪く新しい記事も今日はお休みかなぁ・・・と思ってましたら繋がりました。たまに繋がりの悪いときがありますね。今回は長かったような気がします。さて革嶋館の外観ですが、間取りの資料はあっても外観を記す資料はなく正直想像で造りました。ですから、あくまで推測でこんなんも有りかな・・・と思って頂ければ幸いです。強いて言うと発掘調査で堀の幅が5m、深さが2m程あったことがわかってます。また江...

... 続きを読む

中近世京都の土豪館ってどんな感じだったんだろう?

今回紹介する革嶋家は京都郊外の西ノ京に800年も続く古い家柄で、先祖は代々、西ノ京の土豪として勢力を競ってきました。平成15年には同家が所有する「革嶋家文書」が国の重要文化財にも指定されました。現在、京都府総合資料館で保存されています。同家のように一地方の国人・小豪族が鎌倉期から数えて800年も自家の様々な文書を絶やさず保管してきたのは稀有なことで、それが重文指定につながりました。その文書のなかに同家の敷...

... 続きを読む