3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 > 2012年01月

冷泉家住宅を3Dで製作中!

今、国の重文で唯一残っている公家屋敷である冷泉家住宅を3Dで製作中です。なぜ、現存の建物を?と、思われるかもしれませんが、3Dの完成後は「ある仕掛け」が仕掛けられているんです。多分、今までネットではなかったような仕掛けかも?乞うご期待を(笑)。 さて、その冷泉家住宅ですが、今日現在、間取りまで完成しています。間取り図の元は明治20年に描かれた同家の「諸建物百分の一の図」を根拠にしてます。ほぼ江戸期の公...

... 続きを読む

公家屋敷の遺構を探す旅 その(一)

今までネットや書籍でちょこちょこ公家屋敷の遺構なるものを探しておりましたが、それなりにたまってきたのでここでまとめてアップします。三~四編ほどあるかなぁ。 ではでは、まず、「旧三室戸家住宅」。 このお宅は公家の三室戸家の大正になってからの住宅です。写真は京都市教育委員会刊「京都府の近代和風建築」からの出典です。同家の子爵・和光氏が大正4年、当時、伊勢神宮の大宮司を奉職していた折、遷宮の部材の下賜を受...

... 続きを読む

幕末公家町の「続き」

幕末の公家町続きです。 前記、公家町の絵図で番地が振ってある地域がありましたが、これは宅地が狭く家名が書ききれず番号だけ記入、別紙一覧にまとめたものです。その一覧を載せますね。 この中で、たとえば「局」とありますが、これは多分退職した高位の女官の隠居屋敷だと思います。その他公家や門跡寺院の別宅であったり、そうそう武者小路さんもありますね。明治以後、子爵を授けられてますが100坪にも満たないほどの家に住...

... 続きを読む

幕末の京都御苑内・公家町地図をアップしました。

幕末の京都御所を取り巻くように存在した公家町の地図をアップしました。ピンクの枠線内が現在の京都御苑の敷地内です。これでみると幕末は公家数も約130家と増えて御苑外にはみ出ていたのがわかります。また東の鴨川沿いや京洛外にも別屋敷とかあって数軒の家を持つ公家も珍しくはなかったそうです。元となる地図は京都市刊行の「京都の歴史・第七巻維新の激動」に付録の地図からです。ちなみに地図上の公家さん宅に引いてある赤...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

法勝寺及び六勝寺周辺

ブログトップの背景写真を何で飾ろうかと思って、まず思い浮かんだのが院政期、白河法皇が建立した法勝寺八角九重塔。この異形の塔は高さ81mもあって、存在していれば今でも京都のランドマークタワーになってたと思います。まして当時どんなにか人々を驚かせたでしょうか。そんな法勝寺の塔を3Dで再現しようなどと気安く考えたのがまずかったです。難しいです・・・写真や記事だけでなく、そもそもブログとは何ぞや?から始まっ...

... 続きを読む