3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

 >  昭和-戦前 1926年⇒

戦前まで残っていた京都御所の大台所再現にチャレンジ! 愚痴編

※ 書きながらどこかで読んだ記事だなぁ、と思ったら、2月11日の記事「御所の台所を見てみたい」とのコメントにお応えします-翻刻・安政御造営図志の紹介」と内容が特に前半被ってます。それでも、大台所の古写真を見たい一念でアレコレ調べました。なので愚痴が重なるかと思いますが読んで頂けると嬉しいです。こんにちは、今回は読者の方の「京都御所の大台所を見てみたい」とのご要望に応えるため同御所の大台所の再現にチャレン...

... 続きを読む

No Subject * by 京一朗
五反田猫様

コメントありがとうございます。
家の用事で少しバタバタしてましたけど御所の大台所が完成しました。
といっても台所だけでは寂しく正確には大台所廻りの作成のなかで取り敢えず台所が完成した・・・という感じですね。

折角ですから、台所に続いて清所、武家玄関、溜まり間、賄い部屋、後、御拝廊下へ繋がる渡り廊下まで作ろうかなと思ってます。

これに、後御常御殿から対屋と皇后宮御常御殿へと繋がる渡り廊を作ると御所の見栄えもいいかなぁ、と思ってますが第一次でどこまで作るか思案のしどころです。公家屋敷も作りたいし、その合いに聚楽第とか再現してみたいとか、いろいろ浮かんできて頭が整理できてません 笑。

それにしても、ホント、国内に長局の遺構とかありませんね。長屋はありますが、所謂、女官や大名の奥女中が住んだ長屋です。徹底的にありませんね。その辺、日本人の建築の考え方とか探ってみたいですね。

生活空間 * by 五反田猫
いつも貴重な資料によるお話し、有難うございます。

台所や女儒部屋などは、遺構も少なく、資料も少ないですね。御所に限らず、城でも 本来は台所や中間長屋などの使用人が中心に使われた空間は、一番 機能していたはずなのですが、日常の生活空間との事で保存は考えられなかったのでしょうね。

今になれば、当時の生活や食事の重要な遺構になるのですが、殆ど判りません。 幕末の宮廷で、御所の給食制度があったから、当時の質素な食事の実態が判るくらいでしょうか。
こうして3Dで再現頂けると、歴史的遺構に、生活の息吹が通う気がします。