3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

ご報告

前記事でNHKのBSプレミアムの番組「英雄たちの選択・日本第一の大天狗(てんぐ)後白河法皇」編に3D京都制作の3DCG画像が掲載され、その際に3DCG制作者としての私・梅村重之のクレジットテロップ名が明記されなかったことに対して、制作会社さんに再放送時に改めて明記していただくよう本日メールしましたが、午後、そのご返事を頂きました。内容は再放送時に私からお願いした件について、番組中のCGが出る箇所で、現状 「提供 ...

... 続きを読む

* by 五反田猫
本当に驚きに事件でした。
ブルーベリー、植物相手は手を抜けないから大変でしたね。まだ暑い日が続きますので、どうぞお体お大事に。

No Subject * by 3d京都
五反田猫様 コメントのお返し遅くなり申し訳ありません。
ブルーベリーの摘み取りでついサボってしまいました。それと安部さんのショックもありました。白昼、あんなことが起きるなんて想像もしていませんでした。
凶弾に亡くなられたときの喪失感というか・・・政治家に対してそこまでの感情を抱いたのは初めてです。安部元総理のご冥福をお祈りするばかりです。

今日も終日雨でやっとペンを執る気持ちになりました。最近は雨ばかりなので冷凍ブルーベリー作りに勤しんでいます。

著作者の権利 * by 五反田猫
京一朗さん,再放送で修正が入ってよかったですね。すでにご存じの事と思いますが,著作者人格権は著作物を意図と反して使われた時に対抗できる権利ですね。 今回はお名前に関連しているので公表権,「自分が作ったと表示する権利」にもかかわっています。
某公共放送さんとその下請けは,「受信料を大切に」なのか,ノーギャラやノベルティ等の粗品で済ますことが多いですね。(経験あり)
だからこそ,自己の権利はしっかりと守った方が良いと思います。

No Subject * by 3d京都
五反田卿 今日再放送の英雄たちの選択の録画見ました。ちゃんとクレジット名載っていました! ありがたいことです。

No Subject * by 3d京都
五反田猫様 コメントありがとうございます。
そうで、無事、修正してくれるということなのでホッとしています。個人の場合は、とくに「著作者人格権の不行使」は気を付けて依頼元と決め事しないといけないと改めて思いました。

良かったですね * by 五反田猫
梅村さん 制作側が改善対応してくれるようで良かったですね。それだけの価値がある仕事ですから,当然の要求と思います。私も,今の本業は契約とか知財権なので,その観点でも当然のご要求と思いました。 
蛇足ですが,NHKのクレジットの基準も,ばらつきがあるみたいですね。 和歌の知人が,某サングラスの人物がブラブラ歩く番組で,エンドクレジットに名前が出ていたので聞いてみたら,電話取材で短歌の解説を話したのだそうです。 ちょうど梅村さんと同じで,お寺や団体の中で一人だけ個人名なので,何をしたか不明なクレジットでした。 ご当人は簡単な取材だからと諦めていましたが,どのように出されるかは放送まで不明なのが普通ですよね。 だからこそ,梅村さんのようにメールで確認されるのは重要であり,適切な対応と感じました。

NHK・BSプレミアム「英雄たちの選択」で3D京都の作品が無事、掲載されました・・・が。

昨日29日の夜8時から放送されました、NHK・BSプレミアム「英雄たちの選択・日本第一の大天狗(てんぐ)後白河法皇」の番組に3D京都が制作しました3DCG画像及びショート動画が無事に掲載されました。番組の要所要所で画面いっぱいに取り上げられていてNHK及び制作会社様にはとても有難く感謝しております。制作会社さんも今回初めて8K画像を採用するということで、実際にテレビで視聴しましたが迫力ある鮮明さに我ながら驚きました。...

... 続きを読む

29日夜8時、NHK・BSプレミアム「英雄たちの選択」に3D京都の作品が出ます!

ご無沙汰しております。個人的に今夏プレオープンしましたブルーベリー園の開設と運営に追われブログ記事の更新を怠ってしまいました。もっと公家シリーズの記事を書きたいのですが動き出したものは止まりません。このひと夏三か月はブルーベリーの毎日が続きます。そうは言っても少しでも慣れてきたら季中に幾本か記事も書きたいと思っています。いつもながら遅筆、気まぐれ更新で申し訳ありません。さて、そんな舌の根も乾かずに...

... 続きを読む

No Subject * by -
さざなみ夫婦様 ご夫婦で放送を見て頂いてありがとうございます。こうしてコメント頂くとうれしいです。番組ではけっこう大きく取り扱われていました。自分で言うのもなんですが流石に8kだと美しいなぁ、と思いました。平面図は川本先生が描かれ監修されましたが、3D立体化については私の方も当時に想いを馳せ色々とイメージし提案もさせて頂きながら作りました。先生からも速攻でお褒めのメールを頂いた経緯があります。

No Subject * by -
五反田猫様 コメントありがとうございます。
無事、放送されました。総合で再放送されるのでしょうか? その時は見て頂けるとありがたいです。今回の放送で一つ気になったことがあって、法住寺殿及び最勝光院の3DCGの作者名について明記されていなかったことです。番組最後のクレジット欄の「資料提供」枠にただ”梅村重之”とだけ載っていました。私が資料を提供した? 作ったのでは? これだと作者が誰だかわかりません。三十三間堂の展示パネルの方は監修:川本重雄先生の後に私の名も3D制作者として載っていたのですが、何か違和感を感じました。自分なりに一生懸命作った作品なので残念です。一応、担当ディレクターさんにはその由お伝えしたいと思っています。

No Subject * by sazanamijiro
 お久しぶりです。
「3Dさん、NHKにでるみたいや。」と言ってチャンネルをおもむろに合わせた夫。
今夜の番組、二人で見させていただきました。
画像、とてもクリアーでしたね。素敵でした!
これからのご活躍も楽しみにしております。
暑い日が続きますが、どうぞご自愛くださいませ。
               さざなみ夫婦

堂々の作品 * by 五反田猫
継続してお仕事が来るようになって何よりです。
BSは契約していないので,総合で放送されるのを楽しみにしております。
これからもご活躍お祈りします。

シリーズ公家町 其三 聖なる空間「御築地之内」とは 後編。

150年振り、京都御苑に公家町が甦りました!!環境省京都御苑管理事務所は、閑院宮邸跡収納展示館及び拾翠邸の改修工事を進めていましたが此度完成。同展示館に新設されたシアタールームにて『京都御苑|VR公家町』が4月よりオープン上映されることになりました。VRとは”バーチャル・リアリティー”の略で対象となるものを仮想空間を通じて疑似体験できるものです。今回は今はない公家町をVRで再現し在りし日の姿を横7m、縦1.5mの...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

No Subject * by -
五反田猫様 コメントありがとうございます。
詳しくフォローして頂いてありがとうございます。

>武家姿の人物は侍(さぶらい)
>護衛よりも家の庶務を行う正規の家来,各家で録>を出しています。
そうなのですね。正規の家来が裃姿とは意外でした。白丁の町人の臨時雇いも無給でも役得はあったみたいですね。公家の家紋入り提灯を店に飾ることができたみたいですし。後、行事や儀式に参加したときは寸志があったみたいですし。今、神主さんの狩衣を買うと10万前後?しますかね。下級公家もレンタルの方が効率いいですよね。参勤交代だってレンタル使ってるし江戸の町自体もレンタルショップが3000軒?あったとか。みんな普段は倹約して祭りでパッと使うとか、エコロジーな生活ですね。五反田卿は披講をされてますし有職故実にお詳しいからとても勉強になります。ありがとうございます。

公家の参内行列、再現してみてほしいですね。ちなみに公家の家によって参内する礼法が違っていたと本で読んだのですがそうなんでしょうか? 本来の公家、武家の作法、有職故実に乗っ取った重厚な史劇を観てみたいです。幕末の遣欧使節が欧米を視察した際、現地の特にご婦人方に侍の動き、所作がとても優雅に映ったそうです。懐紙を使う姿など見惚れたとか。洗練されていた当時の公家、侍の礼法を見てみたいですね。

参内風景 * by 五反田猫
京一朗さん 参内風景の再現有難うございます,とても良い感じですね。
記事にお書きのように,江戸期は庶民も見られる貴重な観光資源。(江戸の大名の登城も同様でしたが)。 特に山城の百姓は公家領もあるので,在から出てきて領地の御所様(公家の尊称)の参内風景を見学,邸宅の長屋に泊まったり,場合によればお供に加わる事もあったのでしょう。
通常の参内は,記事にある都名所図会のように衣冠姿ですね。武家姿の人物は侍(さぶらい)
護衛よりも家の庶務を行う正規の家来,各家で録を出しています。白丁姿は下級公家なら出入りの町人などの臨時雇い(下手すると無給)
下にある拝賀のような行事の時は束帯になりますし,徒歩でなく乗り物となります。
桜町殿の絵は特別行事なので,束帯姿 天皇が退位して仙洞御所への移動との事で,公家は大臣だろうがお供なので徒歩姿となっています。下級公家の束帯は所有できずレンタルも多いです。太刀,石帯,沓など付属物が多いので,とにかく大変。
ですから,桜町殿から追加頂いたCGの束帯姿は,行事がある場合の状況となります。
当時も庶民が見物する貴重な観光資源,ぜひリアル再現して欲しいものです。

シリーズ公家町 其二 聖なる空間「御築地之内」とは 前編。

150年振り、京都御苑に公家町が甦りました!!環境省京都御苑管理事務所は、閑院宮邸跡収納展示館及び拾翠邸の改修工事を進めていましたが此度完成。同展示館に新設されたシアタールームにて『京都御苑|VR公家町』が4月よりオープン上映されることになりました。VRとは”バーチャル・リアリティー”の略で対象となるものを仮想空間を通じて疑似体験できるものです。今回は今はない公家町をVRで再現し在りし日の姿を横7m、縦1.5mの...

... 続きを読む

No Subject * by -
五反田猫さま
コメントありがとうございます。
自分も今回、VR公家町作りに参加して制作を進めるなか初めて知ったこととか色々あります。また、分からないと前へ進めないので結果、自分にとってとても勉強になりました。シリーズ公家町の記事でそれも取り上げていきたいと思っています。しかし、なんで公家町に惹かれるのでしょうか?自分でもよくわからないです。関係ないですけどたまには戦争のない大河を作ってほしいですね。再来年の光源氏はどんな描かれ方がされるでしょうか? 公家史観の時代劇があってもいいと思います。血肉湧きたつではなく美の饗宴が視たいですね。

塀のお話 * by 五反田猫
京一朗さん これは奥深い話を有難うございます。
折角の3D御所をボーっと見ていてた事に気づきました。 何か違和感があったのは,武家町のような白塀,平堂上では当然。 摂家,宮家では違いがあるし,更に高さも。
そういえば柱のある築地塀は御苑内しかお目にかからない,京都の門跡時や寺格の高い寺でも,筋はあっても柱はないですね。 唯一 記憶にあるのは泉涌寺くらいか。
本件,私なりにも,もう少し調べてみます。
取り急ぎ 良いお話の御礼まで


何と「3D京都」が高校の教科書になりました!!

チャート式といえば数研、数研といえばチャート式。中学生から大人まで一度は勉学でお世話になった人も多いかと。その大手教科書会社の数研出版㈱さんが令和五年度用の新しい教科書の案内を開始しました。数研出版株式会社の令和五年度用国語教科書の案内。そのなかで、何と「3D京都が教科書になりました!!」。肝心なのは”載った”ではなく”なった”です。ここをお忘れなく 笑。最近の教科書のデジタル化、オンライン化に伴いテキ...

... 続きを読む

No Subject * by -
五反田猫様 コメントありがとうございます。
「家屋雑考」は聞いたこと、読んだこと?はあります。本だけは骨董的に集めるのが好きなので結構持ってますよ。その分、積読が多いですが。

寝殿造も平安時代の人たちはとくに「〇〇様式」なんて考えてなかったでしょうね。ただ、平安時代は大陸の影響が残っていたのか平等院のような左右対称形の建物に美意識を感じる面が残っていたのでしょうね。公家町のお屋敷を並べるときなどは気が付くと御殿同士を雁行形に並べてますしその方が座りがいいというか、もう気分の問題ですね。大きな和風旅館の長い廊下を歩くのもミステリアスでいい気分です。バベルの塔のような高みを求めるか奥へ向かってうねってゆくか、これも国柄、風土、木と石の文化の違いでしょうか。

活躍の場の広がり * by 五反田猫
どんどん活躍の場が広がっていますね。素晴らしい! 学生の時に見た古典の図録,寝殿造りの絵は印象に残っています。3Dですから中に入れるのが臨場感たっぷり,これで興味を持つ学生が増えればもっと素敵。
長じて「寝殿造り」を調べていると『家屋雑考』(1872年)明治になってからの言葉なのに驚きました。
八條院は時の権力者の邸宅,いわば宮殿ですね。大きな池があり左右対称の美しい作り。
当時の古典の先生は平安貴族が皆このような邸宅に住んでいたような言い方をしましたが,宮殿を持っている高位貴族なんてほんの一握り。そういう点も説明で気を使われているのですね。

シリーズ公家町 其一 檜皮葺ヒエラルキー

150年振り、京都御苑に公家町が甦りました!!環境省京都御苑管理事務所は、閑院宮邸跡収納展示館及び拾翠邸の改修工事を進めていましたが此度完成。同展示館に新設されたシアタールームにて『京都御苑|VR公家町』が4月よりオープン上映されることになりました。VRとは”バーチャル・リアリティー”の略で対象となるものを仮想空間を通じて疑似体験できるものです。今回は今はない公家町をVRで再現し在りし日の姿を横7m、縦1.5mの...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

No Subject * by -
こんばんは、五反田猫様
コメントありがとうございます。
茅葺から檜皮葺、杮葺への発生の流れと教えてくださり為になります。皇極天皇の宮殿が檜皮葺の始めとは知りませんでした。五反田卿はホント、博識で自分など足元にも及びません。確か理系のご出身でしたよね。今度は文系の博士課程に学ばれて有職故実を極め世に一冊でもその成果を残してください 。冗談でなしに日本のため、そう心より思います。私は花鳥風月の真の味わいを知らない者です。明治以後の短歌を”文学”としてしか捉えられなかった者です。今は失われている日本の本当の風雅の灯が消えないよう世に残してください。それが公家の家系の方のお努めですよ 笑。偉そうなことかいて失礼しました。

屋根の形 * by 五反田猫
京一朗さん
文献と絵図による考察有難うございます。大変参考になりました。

私は文献の読み込みが足りないので,自分なりの考えの整理しつつのメモです。
瓦でない屋根の場合の発生順:(板葺→)茅葺→檜皮葺→杮葺
板葺が早いのは構造として簡単だからですが,植物で葺く事を考えると構造が違うのでカッコつき。  萱から檜皮の登場は飛鳥時代の皇極天皇(7世紀)の新宮殿が檜皮葺の記録あり。杮の登場は室生寺や金閣などの事例を見ると,室町になってから。

一方で瓦は大陸から仏教と共に伝来。代表的には大極殿などの丹塗りの建物。
奈良から平安への公家住宅を考えれば,瓦屋根は公的な建物(役所と寺院)
檜皮葺は寝殿のように私的な空間。檜皮葺の延長でもある杮も同様に私的空間。
記事にある九条家屋敷でも寝殿にわざわざ「杮葺」と書いてあるのも私的空間であるからではと思いました。(単なる直観です)
これは室町期の武家書院や別邸が瓦でなく檜皮なのも同様に私的な空間だからではと思っています。(銀閣,金閣,東求堂など)

ならば,なぜ御所の公的空間である紫宸殿が檜皮葺なのかと問われると,復古調ゆえだとしか言えません。 役割から,大極殿であるべき建物なのです。だから大極殿だったら瓦屋根であったのだと思います。私が説明するより京一朗さんの方が良くご存じですが,清涼殿は本来は天皇の私的空間,それが江戸期には陣の座(会議室)に続く公的な場になってしまったので,本来は瓦拭きであるべきが,復古により檜皮葺。という事で,平安期くらいまでは,瓦拭=公的空間,私的空間=檜皮葺(杮含む)という区分が,復古という新基準により檜皮葺が最上となってしまった。

まだ,私の中でも整理がついておらず,お会いできた時に色々とお伺いしたい事もありますが,とりあえず記事の御礼を兼ねて書き込んでみました。乱文ご容赦を。

150年振り、京都御苑に公家町が甦りました!!

環境省京都御苑管理事務所は、閑院宮邸跡収納展示館及び拾翠邸の改修工事を進めていましたが此度完成。同展示館に新設されたシアタールームにて『京都御苑|VR公家町』が4月よりオープン上映されることになりました。VRとは”バーチャル・リアリティー”の略で対象となるものを仮想空間を通じて疑似体験できるものです。今回は今はない公家町をVRで再現し在りし日の姿を横7m、縦1.5mの大スクリーンで迫力ある映像を体感できます。...

... 続きを読む

No Subject * by -
五反田猫様 コメントありがとうございます。評価頂き恐縮です。自分は建物は多少わかりますが装束の有職故実はからきしダメです。前、五反田卿から正式な胡坐の仕方を教わりましたが、そのときはとても新鮮な思いを抱きました。時代劇の所作が各段に優れるからです。装束についても今後ともいろいろ教えてください。

改めて見てもホレボレ * by 五反田猫
改めて拝見すると,思いのほか瓦屋根が少ない感じでしたが,いろいろと苦労の上 設定されたのですね。 実際には工事中や,空き地もあったでしょうが,それも出す訳に行かない。
現存資料が,同じ時期で揃う事はないので,時期が異なる資料を合わせながら再現されるのは当然なのです。 その中での取捨選択された上での3D画像なのだと改めて判りました。
素晴らしいお仕事に感謝します。

建物は素晴らしいが,少し気になったのは装束。
狩衣の下には単(ひとえ)が無かったのがちょっと気になりました。 現代の神職さんは単を着ないので違和感はないのですけれど。

No Subject * by -
五反田猫様
ウルウルしていただいて良かったです。
五反田卿だからこその感無量と推察致します。あるロシア人ユーチューバーが「日本語を喋ると優しくなれる」と言ってましたが、同じように公家町を眺めていると優しい気分になれます。平和な文化ほど目立たない・・・それを今、痛感しています。一日も早くウクライナに平和が戻りますように願っています。

とてもよかったです * by 五反田猫
本日 閑院宮邸で3D拝見しました。素晴らしいですね。 エンドクレジットでお名前も拝見しました。
門を出て右側にO邸が見えて,思わずウルウル。
感動です。 冷泉さんのお蔵も拝見(笑)
この場所で見るから,感無量でした。

御所の近衛の枝垂れ桜が満開,今日の春を楽しめた一日です。 素晴らしいお仕事有難うございました。

No Subject * by -
五反田猫様 コメントありがとうございます。
ご無沙汰しております。ぜひ、見て下さい。五反田卿のお屋敷もありますよ 笑。15分のVRでは語り尽くせないことも多いので、シリーズ化して公家町をいろんな角度から取り上げてみたいと思っています。

素晴らしい * by 五反田猫
今まで趣味でやられていた3D再現が,ついに歴史資料となったのですね。 しかも,そのプロジェクトに参画とは,おめでとうございます。
今週後半に京都に行く予定なので,ぜひ拝見したいと思います。
冷泉さんがお披露目にいらしたのですね。「お蔵が足りない」とは,突っ込みどころはソコカ!

三十三間堂に法住寺殿の復元パネルを見に行って来ました。

前記事に続き今回は東山区にある三十三間堂を参観してきました。お目当ては堂内に展示してある法住寺殿の想定復元パネルです。しっかり展示してありました!後白河院「法住寺殿」復元想定図。結構大きかったですよ。縦2.5m、横1.8mほど? 上に境内図、下に9枚に渡り法住寺の各カット画像が並んでいます。境内の復元想像図のアップ。監修は川本重雄先生です。そして九連の3DCG画像。各建物、境内について英語併記で説明書きがあ...

... 続きを読む

思い立ったら吉日、ぶらり「桂離宮」を訪ねてみました。

先週の平日、私も制作協力していた作品の完成試写会が京都でありまして行ってまいりました。試写会は二日間でした。結局、二日間とも参加したのですが日程が一日ズレる、他にお会いする約束がこれまた急な事情により延期になる等あって京都滞在の四日間中、二日ほど日程が空いたので久し振り京都観光をしました。コロナで暫く遠ざかったいましたし何か懐かしい気分です。訪ねましたのは桂離宮、京都御苑、三十三間堂、上賀茂神社(...

... 続きを読む

『破風考』 後編。

前編では、「神社仏閣の破風板に飾られた破風拝飾、破風尻飾、そして装飾としての千鳥破風がいつ頃から住宅建築にも現れるようになったのか?」、その時期を知ることにより日本の建築の装飾性の発展の変遷を捉えることができるのでは、と一つの考察をしてみましたが後編では、その考察を基に中世から近世にかけ色々と描かれた絵巻物、洛中洛外図屛風等のなかから絵画的な側面から追ってみたいと思います。まず、前編でも取り上げた...

... 続きを読む

『破風考』 前編。

これを欲と言ってよいのかわかりませんが、3Dで今はない昔の建築を作っているうちに、より本物に近いものを作ってみたい、と思うようになってきてます。3Dのクォリティー自体も大事ですがそれ以上に存在した頃の建築の実態に迫ってみたい、という欲求です。100%創作のものより少しでも根拠のあるものの方が返って夢がある感じです。で、その流れで今「当時はどんな形をしていたのだろう?」と気になっていることが幾つかあります...

... 続きを読む

三十三間堂で法住寺殿の復元パネルが展示されています 蓮華王院編。

蓮華王院編では本堂である三十三間堂とその周りの堂塔・僧房、また、法住寺殿の他の御所や付属建物についてCG画像で紹介します。まず、全体の配置図を再載します。法住寺殿の全体位置図。ここで蓮華王院等確認してくだい。法住寺殿の中の蓮華王院の位置関係を示すため幾つかの俯瞰図から見ていきましょう。楼門と奥に南殿と左に蓮華王院の五重塔が見えます。少し角度を変え三十三間堂も見えるようにします。法住寺殿には離宮に入る...

... 続きを読む

No Subject * by -
つかだ様 コメントありがとうございます。
過分なご評価を頂き恐縮次第です。
自分も最勝光院とか復元されたらいいなぁ、と思います。だからこそか、宇治の平等院が残ったことが奇跡的にも感じます。日本の歴史を振り返るとそれぞれの時代を象徴する建物が一つづつ、まるでタイムカプセルのように残されたことに感謝です。

No Subject * by つかだ
最高に美しいです、いずれ復元されるよう願っています。どうもありがとうございます。

三十三間堂で法住寺殿の復元パネルが展示されています 最勝光院編。

南殿に続き今回は最勝光院を取り上げます。平安時代の最後を飾る華麗なる建築です。と、その前に南殿編で書き忘れたことについて書いてみます。ただ寝殿造の現物は残っていないのでかなり混乱した筆致になると思いますがどうかご容赦を。寝殿造といっても藤原道長に代表される摂関時代と今回の院政時代ではその様相も変わってきます。以下は川本重雄博士の著作「寝殿造の空間と儀式」を読み取りながら書いてみたものです。というか...

... 続きを読む