3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

第二期鳥羽離宮の3Dパノラマ画像です (前編)

第二期の鳥羽離宮の3Dパノラマ画像が出来ましたのでご紹介します。
離宮全体ではいろんな角度から撮ったので、前編、後編の二回に分けて掲載します。

今回は、主に離宮の左サイト、西側の南殿(証金剛院)や勝光明院、北殿などの俯瞰パノラマ及び個々のクローズアップ画像など紹介します。

この鳥羽離宮の3Dファイルですけど、全体で700MBほどにもなりました。ですから実は離宮の全体像を同時に離宮内に配置することは出来ませんでした。やろうとするとフリーズして待てど暮らせど・・・になってしまったんです。

タスクマネージャーのパフォーマンスを見るとメモリーの空き容量は20MBばかり。これでは無理です。仕方なく、どれか一つの御殿・寺院を削除して複数の離宮ファイルに分けました。本当は、離宮に付属する庭園やその他の施設や小物関係も割愛しました。

やはりというかwindowsの4ギガの壁にぶち当たりました。そろそろwindows7のOSを64ビットにアップグレードしなければならない時期かな?。で、ないと、元々のコンセプトである原寸の3D京都盆地内に各建築群を貼り付けることができません・・・。とりあえず、64ビットにしてメモリーも増やし、グラフィックボードやCPUもチェックする必要があります。でも・・・お金が・・・貯めなければ・・・。

まぁ、後は日々、進化しているPCと同時進行で3D京都も進んで行きます。

では鳥羽離宮のパノラマに移ります。どれもパノラマサイズということでクリックして頂くと拡大します。ブログでこんな大きい写真載せてfc2の空き具合大丈夫?、と思われる程のサイズ群です^○^。

では、まず鳥羽離宮の真上から見た全体図です。どんな建築群があるか一目でわかるかと思います。
1-①鳥羽離宮全体図

こんな感じになります。北殿、東殿、田中殿の御所については管理人の想像がかなり入っています。また南殿の位置も湖面と釣り殿の関係でちょっと変えました。後、「秋の山」と書いてあるのが、現在も、唯一、地上に残ると言われている丘というか庭園跡の築山です。東方面の各天皇の御陵もだいたいの位置です。というか離宮全体の湖群がこの形態でいいのか?。という疑問も湧きますが、概容はだいたい掴めているのでは・・・と思ってます。全体図には載せませんでしたけど、離宮の南から北東方向にかけて大きな堤がありました。洪水対策だったと思います。

では次、南側上空から見た西、北方面の離宮群です。
1-②鳥羽離宮南上空
北殿がちょっと小さいかも・・・です。想像力の欠如です^○^。

次は、南殿をメインにした俯瞰図です。
1-③鳥羽離宮南殿上空
例によって自分で言うのも何ですが、屋根の桧皮葺がいい感じ出てるなぁ・・・と自画自賛してます。前、作った京都・岡崎の地の法住寺と較べると、その違いがわかります。意外と3Dで桧皮葺の色合いだすの、難しいですよね・・・。

次、いきます。北殿と勝光明院です。
1-④鳥羽離宮北殿と勝光明院
ちょっと間延びしてるかなぁ・・・、北殿の位置は実際にはもっと北だと思いますけどバランス上ここにしました。発掘成果などにより北殿の概容がもう少し分かっていれば・・・と。ちょっと残念です。

さらに勝光明院越しに見た離宮です。
1-⑧勝光明院越しに望む東方面
勝光明院がポイント上げていますね^^。

次、南殿を東側から見たパース図です。
1-⑥南殿
とくに解説はありません。以前、南殿についてはいろいろ書いてますしね。パノラマ自体を鑑賞していただければ有難いです。

次、東から見た、南殿や勝光明院、北殿などの俯瞰図です。
1-⑦鳥羽離宮東から見た北殿と南殿と勝光明院
何か構図が似てますかね?微妙に各パース図ともアングル等違っているんですけど。まぁ、広い大空と時空を超え、鳥羽離宮の気球旅行だと思ってください。

次、湖岸、水辺越しの北殿です。
1-⑨水辺越しの北殿
低い、湖面すれすれからのアングルもいいかなと思って載せてみました。いかがですか?「水の離宮・鳥羽殿」の雰囲気出てますかね?。

次、同じく湖面からの南殿・証金剛院です。
1-⑩水辺の南殿
今回の湖岸沿いや湖の中島など、湖面を1メートル下げ、中島の高さも1.4mに変更しました。また岸辺と表との境もトリムして地表から緩やかなカーブを描くようにしました。その分、ファイルは重くなりましたけど・・・。

次です。同じく湖面からの勝光明院。
1-⑪水辺の勝光明院
低い位置からのアングル、自分で言うのも何ですが、まるで鳳凰が今にも飛び立つようです??。

以上、前編をご紹介しました。

後編は、東殿や三塔、また湖面を揺れる竜頭舟や戯れる貴族たちの寸景など、また違ったアングルからの写真を掲載しますのでお楽しみにお待ち下さい^^。


下のバナーをクリックして頂けると、とても嬉しいです。ランキングアップしますから。

次の目標は三位以内!、どうか目標を達成するため、

謹んで

謹んで

謹んで


お願い申し上げます! 拍手もできれば押して下さい。本当は拍手が一番嬉しいんですよ。

ブログランキングに参加しています。気に入ったらポチッとよろしくお願いします。





記事のコメント待ってます。とても励みになります。下のコメントバナーをクリックして下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントありがとうございます。 

shimashima様

コメントありがとうございます。

唐・長安の大明宮の想像図とかベトナム・フエの阮朝王宮の午門の写真など見たことありますが、宇治の平等院鳳凰堂のような翼楼付の阿弥陀堂も中国の庭園建築の影響を受けているとは・・・そこまで深く考えていませんでした。勉強になります。

北京を訪ねたとき、故宮その他の古建築を観ましたが、人によっては中国の歴史建造物は北京を尋ねればそこにすべてある、とも聞いたり、

蘇州の庭園を見ても、溶岩のような庭石が多く、しかも積み重なって孔が空いているほど嘆賞される、とのことですが、日本の庭園感とはちょっと違うかもです。

日本の場合、平等院鳳凰堂とか、苑池を背景にした自然との一体感が柔和でより円やかな感じを醸し出している気がします。

平安期の離宮など、建築に左右対称の影響を受けていますが、もし、近世の日本で、朝廷の財力があったなら、上皇の離宮の院家建築の様相もどうなっていたんだろう?
より左右非対称で雁行型になっていたのかなぁ?

とか。

いろいろ想像してみました。

とても勉強になるコメントありがとうございました。

                         梅のコージ
  • 梅のコージ 
  • URL 
  • 2013年04月06日 01時12分 
  • [編集]
  • [返信]

鳳凰堂形式は水面から見るのがツボ? 

湖面からの勝光明院の3D画像がいいですね。
宇治の平等院鳳凰堂のような翼楼付の阿弥陀堂は中国の庭園建築が元になったと言われています。
古い仏画にあるように、複廊といわれる1階吹き放しの2階建ての建物の前面が空を映す鏡池になっていて、建物を雲上にあるように見せるものです。
ベトナム・フエの阮朝王宮の午門にその形式が残っています。http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/ab/09/kaientai1867/folder/1048327/img_1048327_43526888_4?1320059320

中国古代の陵墓園林の建築では陵墓の高い基壇の上にこういう楼閣が下図中央のような白河の六勝寺伽藍のように並び建ち、周囲の森の上に浮かんで見晴らしていたのです。
http://merosu.com/img/hosshoji2.jpg

宇治の平等院鳳凰堂の翼楼の2階の立ちが低いのは、池に舟を浮かべて遥拝した時に仏堂をより遠くで水平に長く伸びているように見せるためかもしれませんね。
平安時代の貴族たちはそうやって彼岸の阿弥陀堂を観想していたのではないでしょうか?

3Dでいろんな角度から再現して見ると気づくことが多くあって有意義ですね。
  • shimashima 
  • URL 
  • 2013年04月05日 00時22分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター