3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。随筆、短歌も詠みます。

Entries

霊峰・富士山には六角堂が似合う?

みなさん、こんにちは。急に寒くなってきましたね。
気象庁の長期予想でも当初の予報より今冬は寒くなるとのこと。寒いの嫌だし暑いのも嫌だし、考えてみると本当に快適なシーズンで少ないかもです。

さて、鳥羽離宮ですが、第二期のパノラマビューを目指して鋭意、建設?を進めています。
今回は六角堂と三間四面堂です。お寺の主役ではないけど、無くては、それはそれで困る・・。そんな存在かもしれません。

後、もう一つ長~い九体阿弥陀堂が存在したのですが、これは以前造った三十三間堂をお色直しして再登場してもらいます。なんせ広い離宮ですから、少しでも建物で埋めなければ、パノラマにならない・・・・。

それで、第二期のパノラマビューが終わったら取り合えず鳥羽離宮は終わります。次はちょっと趣向を変えたものにしようかと思ってます。

では今回の冒頭を飾るのは霊峰富士と六角堂の取り合わせです。まずは写真から。この写真はクリックして頂くと拡大します
霊峰富士と六角堂

どうですか?晴天に恵まれた富士に六角堂では役不足かな?せめて五重塔がいいかもです。

このバックになった富士のビューポイントは「お茶の郷」と言って、静岡県島田市の牧の原台地にあります。「お茶の郷」は茶の文化、茶産業の振興拠点として、また、観光施設として広大な牧之原大茶園の一角に建てられました。世界の珍しいお茶を試飲できる博物館や大名茶人小堀遠州ゆかりの茶室・庭園が復元されています。静岡のお茶の中心である牧之原開拓など、お茶の歴史と文化を体験しながら学べ、身近にあるお茶を様々な角度から堪能できる施設です。とのこと。晴れていれば本当に富士が綺麗です!
みなさんも一度行かれたらいいですよ。

ちなみに同お茶の郷には、茶室・縱目楼(しょうもくろう)や書院(石清水八幡宮瀧本坊復元)、それからお目当ての鎖之間、これは小堀遠州が手掛けた京都の伏見奉行屋敷の書院を復元したものです。つまり、ここは、小堀遠州の手掛けた京都の伏見奉行屋敷と石清水八幡宮瀧本坊とを合わせて復元したものなんです。なんか贅沢ですよね。しかし見学はただ!気風がいいですね。ただし抹茶を頂く場合は無料ではありませんのであしからず。

書院、数奇屋、鎖之間、これら3つの座敷を使って展開された茶会が小堀遠州の茶の湯の世界を特徴付けていますが、今はない寛永期を代表する建築がここに蘇りました。3Dの先を行っていますね(笑)。

そうそうもう一つ忘れてた、
庭園ですけど、江戸幕府が小堀遠州に作事奉行を命じて造らせた池泉回遊式庭園です。
寛永6年(1629)に譲位された後水尾院の仙洞御所の東庭を造園当時のまま復元したのものだそうで、王朝貴族の文化に憧れた小堀遠州侯の庭園造りの特徴がよく表れています。もちろん見学無料ですよ。

せっかくですから写真を二枚ほどアップしますね。
お茶の郷(茶亭)

茅葺の茶亭とお屋敷の外観です。本格的でしょう。

それから室内を一つ、
お茶の郷(書院)

書院床の間です。遠州の伏見奉行屋敷のものの復元かな?
綺麗侘びの遠州の風合いが出てますね。

さて、ここからが本番、というか冒頭の富士と六角堂のツーショットで今夜のブログ記事はもう十分です。
後は付けたしです?

でも載せますね。
その六角堂です。
六角堂正面 

何処から見ても六角です。アングル泣かせです。仕方ないので六角形を証明する真上からの写真を一枚。
六角堂真上から
省もない写真ですみません。もうネタがないの?かと思われるかも・・・ですが、六角堂だって立派な建築ですよね。3Dの六角堂もまた良いものですよ。

次は三間四面堂です。
このお堂も地味ですが、やはりお寺になくては困ります。引き立て役なんて言ったら失礼かな?

おっと、この3Dの六角堂は、あの国宝の富貴寺大堂を真似たものです。近畿地方以外に所在する数少ない平安建築のひとつとして貴重な存在です。

引き立て役だなんて、とんでもないことを言いました。お詫びします、では載せます。

まず正面から、
三間四面堂正面 

次に斜めから、四面だから安心してアングルが撮れます。
三間四面堂斜めから

いかがですか?
三間四面堂は古来よりあるお寺の一つの定番です。
今回は、その常道に従って作らさせて頂きました。

それでは今夜はこのへんで。おやすみなさい。

ブログランキングに参加しています。気に入ったらポチッとよろしくお願いします。





記事のコメント待ってます。とても励みになります。下のコメントバナーをクリックして下さい。

関連記事
スポンサーサイト
  • タグリスト
  • [

コメント

お詫び 

takaさま おはようございます。

先日は、お名前を「takeさま」と書いて失礼しました。
お詫びいたします。
今日も、楽しい土曜日をお楽しみくださいませ。

  • 梅のコージ 
  • URL 
  • 2012年12月08日 07時57分 
  • [編集]
  • [返信]

やっと鳥羽離宮のパノラマをアップしました 

takeさま、

いつもコメントありがとうございます。鳥羽離宮のパノラマやっとアップしました。こんなことしてるの自分だけかも?とも思いますけど、コツコツやっていきます。長谷家についてコメントありましたが、こちらも楽しく読ませて頂いております。
またプラグインも追加しました。タグリストです。過去の記事に遡って記事タグの見直しをしなければ。
では、おやすみなさい。
  • 梅のコージ 
  • URL 
  • 2012年12月07日 23時26分 
  • [編集]
  • [返信]

富士山と六角堂 

見事なマッチングですね。巨大な建物ではないところが、これまたおつと言ったところでしょうか。

しかしお茶の郷というのがこれだけ綺麗に富士山が見えて、しかも歴史ある建物が復元されているとは思いもよりませんでした。しかもタダとは。

この遠州侯の建物を見るたびに、師である古田織部を遙に凌駕した人物であるという事が良く解かりますね。建築・華道・茶道、全てにおいて一流の芸術家であるというのは羨ましい限りです。

お茶の郷、絶対に訪れようと思いました。
  • taka 
  • URL 
  • 2012年12月05日 08時21分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2016年12月7日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター