3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

鳥羽離宮-金剛心院の3Dが完成しました!

鳥羽離宮-金剛心院が完成しました!

昨日、一応、完成したのですが、見直す所が出てきて修正にちょっと手間取りました。

やっぱり、和風建築は屋根の形状と色合いで決まりますね。今回も造ってみて、やはり入母屋屋根の軒の反りの曲線・角度が重要だと改めて感じました。今後も様々な屋根の形を作りストックしておきたいと思います。

さて、金剛心院の各建築物の大雑把な寸法等の説明は、ちょっと前に書きましたので、今回は同心院に関係するお話を幾つかし、そして3D画像をアップします。

重複するかもしれませんが、白河法皇によって最初に鳥羽離宮に建てられたのが南殿の御所、寛治元年(1087)ごろのことです。その後、興和3年(1101年)・証金剛院が完成しております。

白河法皇といいますと、今、NHKの大河「清盛」で、さかんに”物の怪の血”が呼ぶ・・・と叫んでいますが、覚たる証拠もないまま、そんな表現いいんでしょうか?。そもそも清盛自身が白河法皇の落胤説も噂の域をでないんですから・・・。たとえば一休さんなど、本当に後小松天皇の御子で、墓も今でも宮内庁によって管理されたりしてますからね。

まぁ、それはともかく、「清盛」は幾つかの外国でも放映されるそうです。ドラマでは天皇、上皇のことを王家と呼んでいますが、これって外国語訳した場合、たとえば英語圏で従来どおり「エンペラー」と呼ばれるんでしょうか? まさか「王家」だから”キング”はないよね・・・。ちょっと心配してます。(もっともそれがネライだったりして・・・)。

ところで、鳥羽離宮の地勢ですが、東は鴨川、西は桂川にはさまれ、南方は巨椋池と続く池沼に臨んでいた半島のような所だったそうです。見るからに水の豊かな美しい場所を想像しますね。ちなみに同離宮の広さは南北に1キロ、東西に3キロほどのもあったそうです。しかもこの面積さえも最小とのこと。

ちなみに当時の離宮の警護の武士の数が記録にあるので載せますね。
まず鳥羽殿全体で100人ほど。内、北殿(これは鳥羽法皇の建立、またそれに付随する勝金剛院も同様。同勝金剛院は宇治の平等院鳳凰堂を模して建てられました)が75人、南殿が17人、泉殿が8人ほど。100万坪?もある広大な離宮の警護が100人で大丈夫なのかな?

まぁ、それは、ともかく、鳥羽上皇によって久寿元年(1154年)建てられた田中殿と今回3Dで製作した金剛心院ですけど、今日に続くエピソードを一つ、

田中殿は今でも竹田田中町と地名にも残っていますが、田中殿の南側にあった馬場での競い馬が現在、城南宮の祭礼として流鏑馬の形で残っているそうです。

さて、それでは金剛心院の3Dパースをアップしますね。

まずは、南正面から見たイメージ(先日、アップしたものの修正品です)。
金剛心院-南側CD
高欄の辺りを修正しています。もう、どうやってCADデータを重くせず見栄えを良くするか・・・そればかりに腐心しています・・・(笑)

次に南東から見たもの。背景をちょっと変えてみました。暗いかな?
金剛心院-南東3D


次に東から見たもの。
金剛心院-東3D
ちょっとたんちょうかな・・・

次に西側から。
金剛心院-西3D
西東の区別つくかなぁ・・・

次に、北西側から。夕日の方が綺麗かな?
金剛心院-北西CD

さらに、地味で暗げな北から。鳥羽法皇も住まわれた寝殿方向からです。
金剛心院-北3D

その寝殿の拡大図、京都御所を参考にしました。
金剛心院-寝殿3D

最後に北東側から。
金剛心院-北東CD

以上ランダムに並べました。多少、気分転換になったでしょうか?
そうだ!、と言う方は「拍手」をクリック、そしてブログランキングの方もよろしくお願い致します。

ブログランキングに参加しています。気に入ったらポチッとよろしくお願いします。





記事のコメント待ってます。とても励みになります。下のコメントバナーをクリックして下さい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントありがとうございます 

takaさま
コメントありがとうございます。

鳥羽離宮の3D、お褒め頂いてこそばゆいです(笑)。
これからも続けてまいります。

それにしても嫡孫維盛流の子孫の方とは恐れいりました!ルーツが平安時代にまで遡れるなんて素晴らしいですね。

実は当家ですけど、どこまで本当か?わかりませんが父から伝え聞くには、斎藤別当実盛 の傍流?の子孫だと聞いております・・・。

世が世ならば、梅のコージはtakaさまの家来筋だったんですね(笑)

それとブログ記事の見た目を少し変えカラフルにしました。バナーへのクリックも平身低頭、心よりお願いするよう表現を切実?なものに変えました。効果はいかに?

また、感想とか聞かせてください。

それにしてもtakaさまは博識ですね!
ブログ始めたら絶対人気でますよ。
あっ! すでに始めていたり?かもかもです。

では、また、よろしくお願いします。

金剛心院の3D画像完成が嬉しいです 

いざ実際に見てみると「こういう建物だったのか~」と改めて感心するとともに感動しますね。鳥羽離宮は藤原氏の専横から脱し、皇室主導の政治として本来のあるべき姿を取り戻した期の重要な政治の中心地ですからその中の一つの寺院をを見るだけでも胸がつまりますね。

ちなみに鳥羽離宮内の五つの寺院のうち、証金剛院だけが白河天皇時代の建物だそうですね。

大河ドラマ関係の記事ですが、私は一応伊勢平氏(嫡孫維盛流)の子孫と言われていますので平相国は尊敬しておりますし、個人的にはご落胤であって欲しいと思っています(笑)

それはともかくとして海外放送でkingという言葉を使わないように、という事を願っても無駄なように思えます。普段からNHKというのは韓流ドラマを推進してきており、竹島問題では国会質問中不可解な中断をしていたり、従軍慰安婦模擬裁判では先の昭和天皇陛下を諱で呼び捨てにした上に絞首刑等という放送を平気でしてきております。

このドラマにしても無理矢理歴史を捻じ曲げて王家という表現をした上に、批判が集中するや「我々がそういうのだから王家が事実だ」と反論する等厚顔無恥な連中です。しかも「物の怪の血が呼ぶ」と皇室に対してその様な表現をしている事自体、NHKという放送局がどういう放送局か? 解かると思います。

まあ、ナムドンセンワン(弟王)という呼称を使用されるよりはマシと思わないと駄目かも知れませんね~

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2016年12月7日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター