3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

伏見城3D製作第一期分とりあえず完成。

勝手に自分で第一期分と呼んでいるのですが、伏見城の主だった内郭・外郭の石垣と櫓、天守などを完成させたのでブログにアップすることにしました。

前回の記事でも書いたのですが、法住寺殿から望む伏見方面の地形・風景が美しかったのと、先日、京都へ行った際も模擬天守ではありますが、京都盆地から望む伏見城のシルエットがとても良かったので、取り合えずでも、各曲輪・内郭と石垣、その上に佇む櫓群、そして天守だけでも再現し、どんなイメージになるか早く知りたかったのです。

ですから、本丸などにある天守はじめ月見櫓、千畳敷櫓、大手門、二階門、二の丸御門、表唐門、松丸の長屋、虎の間、千畳敷き、三間九間座、楊貴妃の間、台所、松丸御座敷、松丸数寄屋、松丸古社、松丸小座敷、四方之御座敷、塔、舟入御殿、学問所等数多くの建物が文献上存在が確認されていますが、それらは第二期以降、文献を確認した上で3D製作してゆきたいと思ってます。今回はもっぱら視覚的に見た伏見城の全容を大雑把にですけど表現してみました。

伏見城についてですが、歴史的には第一期指月時代の伏見城、そして地震で廃城後、すぐ隣に建てた第二期の木幡山のもの、そして関が原で炎上後の第三期の伏見城。指月城時代及び木幡山の前半は秀吉の建てたもので、どんな城だったかほとんどわかっていません。秀吉が伏見城に住んだのはわずか4年の短期間でしたし、関が原で西軍の攻撃を受け炎上してしまったことも秀吉時代の伏見城を不明なものにしています。

第三期の伏見城は関が原の戦いで炎上後、家康が同じ木幡山の地に再建したものです。縄張りなどは秀吉時代を踏襲していて、今日みる、洛中洛外図屏風に描かれた伏見城はこの家康時代の天守以下伏見城を描いています。

その木幡山伏見城の縄張り図を載せますね。
伏見城縄張り図
今回の3D製作にあたってはこの縄張り図を参考にしました。家康も秀吉亡き後、伏見城で執務することが多く、1603年(慶長8年)家康は、ここ伏見城で征夷大将軍の宣下を受けています。家康時代の伏見城は諸大名が屋敷を構え、その大きさは4キロ~6キロ四方まで城下が広がっていたといいます。しかも、大名たちの屋敷の瓦にまで黄金で葺かれていたといいます。

それでは、洛中洛外図屏風の描かれた伏見城の天守をご紹介します。
洛中洛外図屏風』堺市博物館本伏見城
堺市博物館所蔵の洛中洛外図屏風の伏見城天守です。この天守では柱が壁にむき出しで出てますね。いわゆる真壁です。
洛中洛外図屏風』出光美術館本伏見城
出光美術館所蔵の伏見城です。こちらの方は真壁が木をむき出しでなく漆喰の塗籠めになってます。ちょうど家康の慶長期、漆喰の技術も進歩して塗籠めも盛んになるようになりました。
洛中洛外図屏風』池田本伏見城
池田本の伏見城です。絵が見ずらいですがこれも塗籠めかな。
洛中洛外図屏風』薮本家本伏見城
薮本家本の伏見城です。識者の間で、家康時代の伏見城に一番史実的に合致しているのでは・・・と言われているものです。まさしく白亜の塗籠で家康好みの感じですよね。

今回は、天守閣については、どうしようか迷ったのですが、やはり幻の秀吉時代の天守に思いを馳せ、模擬天守である現在の伏見城の天守を参考にしました。それ以外の櫓等は基本、家康時代にしました。つまりチャンポンです。なぜか、そうなってしまいました。
伏見城石垣
京都盆地の3D地形のなかで望む伏見城の石垣群です。以下、クリックすると拡大します。
伏見城全郭俯瞰図
木幡山伏見城の縄張り図を参考にした中心部の俯瞰図です。
南から望む伏見城
南方面から望む伏見城のパノラマです。櫓群が竹の子のようです(笑)。
西から望む伏見城
今度は西から望む伏見城です。
天守閣を望む
天守閣を望みます。派手に朱塗りにしました。秀吉だったら黒漆に金だと思うのですが、現在の天守が朱塗りなのでそうしました。朱塗りの天守も珍しくて好きです。
北から望む伏見城
北から望む伏見城です。ちょうど法住寺殿方面からですね。後で3D地形図にアップしますけど、法住寺殿と伏見城とどんなコラボになるでしょう?たのしみです。ただ距離がちょっと離れているのが多少心配です。
伏見城の全景2
伏見城のパノラマがいまいちインパクトに欠けていたので、追加でもう一枚、このアングルいかがですかね?拡大して見れば、それなりかなぁ・・・とも思ったりです。
以上、伏見城第一期分のパノラマ編でした。

ブログランキングに参加しています。気に入ったらポチッとよろしくお願いします。





記事のコメント待ってます。とても励みになります。下のコメントバナーをクリックして下さい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

 

以前こちらの敷地内に入った事のかある者ですが、本丸とニノマルの高低差は少しは有ったかもしれませんが、明らかに、こちらの3dの様な高低差は無かったです、ご参考までに。
  • 名無しの 
  • URL 
  • 2015年01月24日 18時40分 
  • [編集]
  • [返信]

 

はじめまして。この度は拙ブログをリンクくださって有難うございます。

3Dによる再現は興味深いですね。当時の面影が良く理解できると思います。

当方からもリンクさせていただきましたので、今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【伏見城3D製作第一期分とりあえず完成。】

勝手に自分で第一期分と呼んでいるのですが、伏見城の主だった内郭・外郭の石垣と櫓、天守などを完成さップすることにしました。前回の記事でも書いたのですが、法住寺殿から望む伏...

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター