3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

後白河法皇の法住寺殿に最勝光院が完成しました。

記事のタイトル通り最勝光院が取り合えず完成しました。指図は参考にしましたが立面はまったくわからず100%想像力で造りこみました。もし、本物の設計者さんが見たらどう思うだろう?改めて思うのは、まったくの白紙から斬新な建築を設計することはとても難しいことだということです。どうしても既存の固定観念に縛られてしまいますからね。そういうことで、まったく別物の最勝光院かもしれませんが見てやってください(笑)

ところで、今回、3D製作するにあたっては吉川弘文館刊「院家建築の研究」(杉山信三著)に挿入されている最勝光院の平面復原図を参考にさせて頂きました。改めて御礼を申し上げます。どんな本か表紙だけでもアップしますね。
院家建築の研究
と、ごく普通の学術論文をまとめた体裁本ですが中味は濃いですよ。
最勝光院御堂指図
そのご本に掲載してある最勝光院の平面復原図です。これで見ても、宇治の平等院を参考にしながらも、さらにその上をいくという感じが伝わってくると思います。全体の印象としては仏堂に御所風の寝殿・住居的な要素も取り入れた複雑だけど、斬新でとても端麗なイメージが湧いてきます。建築から奏でられる協奏曲の響きを感じます。設計した方、いや発案者の建春門院(平滋子)という方はきっと美意識の高い方だったと思います。もし現在も残っていれば、間違いなく平安時代を代表する建築になっていたと思います。

ここで最勝光院について簡単に沿革など触れておきます。
発願者は建春門院(平滋子)。承安二年(1172)建立、建春門院は安元二年(1176)に崩御されてます。焼失したのは嘉禄二年(1226)で、かの藤原定家が焼失を大いに嘆いたのもこのときです。建春門院が最勝光院に行かれるときは法住寺殿南殿の泉殿から池伝いに舟で渡ったそうです。いかにも平安時代らしいですね。その池も、法住寺殿南殿の池よりもずっと大きく、湖というほうが相応しいかもです。

最勝光院には平等院と同じように二階翼廊が左右に並んでいましたが、最勝光院の方は実際に二階に上がることができ、平面図にもあるとおり「広庇」という部屋があります。しかも透廊も、中廊・対廊もあり、これはもう、阿弥陀堂寺院と寝殿造りが合体した奇抜な造りそのものですね。しかも平面規模も平等院よりかなり大きいです。平泉の毛越寺も真っ青です。

それではパース図を載せますね。夫々クリックすると拡大します。というか、FC2さん、写真の掲載方法変わったんですかね。昨日からアルバム形式というか、写真がスライドで見れます。画質もきれいになった感じ。みなさんどう思われます。見やすくなりましたかね?よかったら感想とかコメントください。
南から見た最勝光院
南から見た最勝光院です。背後に五重塔、法住寺殿南殿が望めます。
法住寺殿全貌
法住寺殿の全貌です。といっても北殿とかもあるんですけどね・・・
南殿から見る最勝光院
南殿の方から見る最勝光院です。二階釣殿越しに見えますね。
東から見た法住寺殿
東から見た法住寺殿です。これで見ても最勝光院の規模の大きさがわかります。
池から望む最勝光院
大池から望む最勝光院です。寺院にはみえないですよね。宮殿といった方が相応しいかもです。
南東から見た最勝光院2
南東から見た最勝光院です。
黄昏の法住寺殿
出ました。黄昏の法住寺殿です。幾重にも重なる甍の連なりが夕日に映えます。
黄昏に望む五重塔
黄昏に望む五重塔です。繰り返すようですが、夕日に五重塔は音楽のような美しさがありますね。

以上、駆け足で法住寺殿を3Dで造ってきましたが、取り合えず今回で完了とします。実態はまだまだ未完成ですが、これ以上続けるとマンネリ気味になるので、次の作品作りに移ります。というかまだ具体的には決め手ないですけどね。読者の方で、「こんなの3Dで造ってみてほしい」との要望とかありましたらコメント頂けるととても参考になります。そのへんどうかよろしくです。

法住寺殿にいろいろとお付き合いいただきありがとうございました。みなさんもごきげんよう。

ブログランキングに参加しています。気に入ったらポチッとよろしくお願いします。





記事のコメント待ってます。とても励みになります。下のコメントバナーをクリックして下さい。


本日の記事で、昨日の記事の写真についてアルバム形式で表示されるようになった旨お伝えしましたが、本日の記事の写真を見たところ、いつもと変わらない表示でした。fc2の環境設定を確認したところ、写真リンク元の拡大とアルバム方式とどちらか選択できることを知りました。では、環境設定はしばらく触れてなかったのに、なぜ、アルバム表示に昨日だけなったのか、その点については不明です。ご迷惑をおかけしました。今後しばらく、通常の表示で行きますが、ブログの方向性上、アルバム方式の方がいいと思われる場合はそうしたいと思います。それではよろしくご了解ねがいます。
          
                                     管理人
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2016年12月7日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター