3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

公家・徳大寺家屋敷を3Dで製作してみました。

公家の徳大寺家の屋敷が3D化できましたのでこれからアップします。完全な再現かと言うと少なくとも間取りは合ってると思いますけど、外観そのものは多分に想像が入ってます。

外観を描いた立面図とかあればよいのですがそれもありません。表面の間取りを描いた指図だけです。指図によっては、そこに屋根は瓦葺だとか、天井は竿縁天井、後、畳敷きか板間とか家の意匠が表記されているのもあって、そんなときは再現するのに助かります。

今回の徳大寺家の場合、屋根の形状とか葺き方とか書いてないのでちょっと戸惑いました。それでも精華家の家柄や石高等から類推して、こうあったであろう?・・・か、こうあってほしい?・・・そんな思いで3D作品を作ってみました。

何はあれまずは南の正面パース図からごらんあれ、徳大寺家のご当主も見えまするぞ(笑)。各々クリックすると拡大します。
徳大寺邸正面
このお公家さん、実はNHKの大河「平清盛」からお連れしました。小さいから誰かわからないと思いますけど。それぐらいいいですよねNHKさん(受信料も払ってるし)。

次に正面を少々上からバードビューです。
徳大寺邸正面上から
屋根ですけど、形状は玄関は銅葺の妻入り、広間は入母屋の桧皮葺、後、玄関周りや小書院などは起くり屋根(反りの逆バージョンで、ムクッと軽く膨らんでいる形式)の桧皮葺、そして奥向きの居間棟や台所、蔵などは瓦葺にしました。最初、起くり屋根は杮葺にしようと思ったのですが(冷泉家もそうです)、なかなかに質感の良いテクスチャ(張り付け素材・色)が見つからず桧皮葺にしました。やはり作ってみて、起くり屋根には杮葺の色合いが似合ってるなぁ・・・と思いました。どっか良い素材ないか探してみますね。
玄関前
玄関前です。視野度110%ですので、造形もかなりズームかも。見苦しかったらご容赦を。あら、さっきのご当主が今度は玄関にみえました。27代目の徳大寺実則氏ですかね?(笑)。ちなみに徳大寺家で知られる人物というとこの実則氏なんですが、ほかにサッとすぐ思いつく人物がいません。やはりというか徳大寺家は、その「徳大寺家」という家名そのものにネームバリューがあるんだなぁ・・・と書きながら自分で納得しています(笑)。
西側から望む玄関・広間
西側から玄関・広間棟を眺めた様子です。書院を仕切る塀重門があります。あっ!ちょっと門と塀が低すぎたかも・・です。格式のある書院造りでは、武家・公家・寺社の違いなくこの塀重門があります。
南東から望む
南東から眺めた邸内です。広間を入母屋の桧皮葺にしたので、徳大寺家に相応しいアングルかなぁ・・・とひとり悦に入ってます・・・(笑)。そうそう屋敷を取り巻く塀もそれなりのものにしました。精華家ですからね。けど、南西から見るとちょっと塀の形が違います。
南西から望む
どうですか?西側の塀は半分板塀になってます。西側は江戸時代の往時・公家の竹内家がお隣でした。お隣同士の場合、板塀で境界線を囲う場合が多いのでそうしました。これが家格が低かったら完全板塀ですね(笑)。
夕暮れの徳大寺邸
最後に夕暮れに佇む徳大寺邸・・・ですけど、お城の天守のようには映えませんねぇ・・・。でも塀が白く輝いて綺麗ですね。さあて、今回はこんな具合になりました。お粗末さまでした。

そうそう、これは管理人の妄想と捉えて頂ければ結構ですが、将来的にこの公家町を「平成の公家町再編」と称して、御所とそれを取り巻く約20軒の宮家と公家のお屋敷(指図の残っている家)でグルリと埋めていこうと思ってます。まさしく3D空間の「実際にお屋敷街のある京都御苑」。どうですか?一部の方にはヒットするかもです(笑)。それでは、そんなところで、おやすみなさい。

ブログランキングに参加しています。気に入ったらポチッとよろしくお願いします。





記事のコメント待ってます。とても励みになります。下のコメントバナーをクリックして下さい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター