FC2ブログ

3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

Entries

葬式という・・・はなむけ

大阪北部の地震では五人の死者と300人を超える方が怪我をされ、またインフラや建物被害も発生し、心よりお見舞い、お悼み申し上げます。こちら愛知県でも微かに揺れを感じました。阪神淡路大震災のときも同様揺れました。今回のよりも揺れた記憶があります。自分の住んでいる地域では小さな揺れでも、離れた震源地では大変なことになっている。阪神・淡路大震災以来そう強く感じるようになりました。

幸いといったら申し訳ないですが、私自身生まれてから物が落ちて割れる・・・というレベルの地震にあったことはありません。
でも、いつ、自分の地域が大きな地震に見舞われるかわからないので今回のも、熊本の震災も他人事では済まされません。
早く、怪我が治り、復旧し普段の生活に戻れるよう一国民として願っています。

地震で人が亡くなられた一方で、先日は知人の縁戚関係の人の葬式に行って来ました。
亡くなったご本人とはまったく面識はありませんでしたが親御さんから父の葬式に香典を頂いていたので参列しました。

驚いたのは亡くなった年齢、32歳という若さです!

当然、何かあったのかと気になりはしましたが、あまり人の詮索をするのは好きでないのでただただ冥福を祈りました。
参列者は多く、言い方はなんですが立派な葬式でした。

家に帰ると妻から「自殺」だと聞かされました。妻は友人経由で知ったといいます。主婦の連絡網は速いものですね。

地震で亡くなっている人もいるのに自ら死を選ぶとは・・・複雑な気持ちです。

「首をくくった」と聞いたら、やるせない気持ちが一辺に吹き出て、ついつい涙が出てきてしまいました。

これから、苦しいこともあるかもしれないけど良いことだってきっとあるのに!何、死に急ぐんだよ・・・。
残念で仕方ありませんでした。何年もウツ病にかかっていたようです。

ここ最近、五歳女児の虐待死事件や新幹線での飛び込み自殺。やりきれない事件が続きます。

毎年、事故で多くの人が亡くなりますが、それ以上に自殺者の方が多いです。
殺人事件とかニュースで報道されますからインパクトが大きいですが、その陰で人知れず多くの家族の悲しみが毎日、日本のどこかで繰り返されています。

自殺で人を巻き込むのと鉄道自殺は正直言って同情することはできません。
いろんな理由があるにせよ、とくに鉄道自殺はハッキリ言って「自分という存在の抹消」だと思います。

よく自殺だけはよくない、死んだら地獄へ行くぞとか、宗教的にも昔から言われていますが実際のところはわからない。死んでみないと。

自殺にもいろいろあります。
鉄道自殺のように人間の存在否定の死。重度の精神の病、事業に失敗して。病気の苦しみから、虐め等々。
一方で責任を取る形、人を救う為に自死する場合もあります。

自殺と自死、自ら死ぬ、という意味では同じだけど、もし、そのどちらも地獄行き?、だとしたら逆にこの世の不合理を感じます。
また自殺に追い込んだ側の人間が人を踏み台に金持ちになってのうのうと生きたとしたら、さらに不合理を感じます。

歴史を振り返っても、今、大河で放映している西郷どんが勤王僧の月照を助けられなかったことに責任を感じ一緒に死のうとしたこと。飢饉に苦しむ農民を救うため自分の命(将軍に直訴)と引き換えに処刑された佐倉惣五郎。あるいは城攻めで城兵を救うことを条件に降伏し切腹した武将(清水宗治等)。また、先の戦争で敗戦の責任と無条件降伏を認めない若手将校たちの反乱を抑えるため腹を切った阿南惟幾陸軍大将。同大将はあえて介錯を求めず8時間苦しんで亡くなったそうです。そう、祖国の為、敵艦に体当たりした特攻隊の若者たちもいた。

これらの自死は自分から望んでしたものではありません。

もし、神という存在が人格神ならどう裁くのでしょう?
親が子を思うように自殺した我が子を憐れに思うと思います。それでも地獄に追いやるのでしょうか?
あるいは神が法則神なら、最近のAIのように自動的に判断され処理されてしまうのでしょうか?

自殺だからと言って一方的に責を問う気持ちはありません。いつ、自分がその立場になるか未然だからです。

自殺という行為はとても重いものです。
死んだ瞬間、その重さが重圧となって本人により降りかかる。それが煉獄かもしれない・・・。

死は望まないけど利他の為自死する人、
死にたいから自殺する人、

その違いは何だろう?

私はその一つに「自己否定」があるか、ないかの違いがあると思います。
神様とて「自己否定」の殻は硬くすぐには破れない・・・。

最近は合理的な考えもあって家族葬が増えています。普通の死に方でもです。
まして自殺なら秘して、より家族葬を選ぶのでは、と思います。

先日の葬儀は家族葬ではありませんでした。
ちゃんと縁のあった人たちに告知し立派な葬式でした。

息子を亡くしたご両親は、きっと「せめても葬式だけは立派にあげ本人を送りたい」。そう、強く願ったのでしょう。

「自己否定」という硬い殻を融かしてゆくのは本人だけど、親の情愛、縁のある人たちの祈り、それが少しづつ融かしてゆくのかな、
私はそう思いました。

冥福を祈り、一首、悼みます


★ 自殺した 息子のために はなむけの 葬式をあげるのですね 父さんお母さん


コメントの書き込み&閲覧はこちらから


ランキングアップします。ポチっと励ましの一押しお願いします!


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

※ お問合せのメールフォームは左サイドバーにあります。お気軽にどうぞ。

※ ブログに掲載する3DCG、加工済画像等の無断転載は固くお断りします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

自/さつへの疑問、というのは非常に深い物があります。最近では人に迷惑を掛ける亡くなり方が多い反面、「し・刑になりたかった」という意味不明の事で起こる事件もありますね。

自/さつとはなんだろう? と考えた時、自/さつというのは自分をこ/ろす事と、自分が死ぬと分かって周りの為に行動する事、この二つの意味が含まれていると思います。

前者は文字通りの現代の自/さつ、後者は梅村さんが取り上げられた例ですね。例えば戦国期の浄土真宗の一向一揆、これは庶民一人一人は死ぬと分かっていて行動した事ですが、彼等の教えでは極楽浄土に行っています。明治の志士達、彼等は幕府にたてつけばどうなるか? は分かっていたはず。それでも彼等は立ち上がり、亡くなられた方も大勢いました。そして先の両大戦、しかし彼等はしっかりと靖国に祀られております。賊軍となった西郷公以外はですが。

イスラムの聖.戦も後者に分類されます。こういうと「聖/戦は文化ではない」という人も居るでしょうが、過去にも彼等なりの大義の為に命をかけた「アサシン教団」も居ました。シリアの二ザール派が起源と言われていますが。聖書のキリストも、見方によればあれは自分は確実に処刑される事が分かっているので自殺と見てもおかしくはありません。

こう見ると、神の差異等は関係なく、大義の為に命を掛ける物には必ず救いの道があると思いますよ。
  • taka 
  • URL 
  • 2018年06月22日 11時18分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

お久しぶりです。

大阪はかなりゆれて結構大変でした。ですがその後大変なのは、物が軒並み無くなっているという事です。私自身は市内南部が現在の住まいですが、知人が震源近くに居て実際に行きましたがマスコミ関係で普段より人が多い感じがしました。

個人的にはいささか憤慨している事があります。まず当該地区選出の野党の某議員こんな大変な中いくらスケジュール通りだからといって、地震脇役、そっちのけで「モリカケ問題」しか取り上げないってどういう神経なんでしょうか? 安倍首相 さえ倒せば、国民がどれだけ困ろうと何人死のうとどうでも良いという意思表示なのか? と思います。

それとマスコミ関係の方は、亡くなられた女児の友達に無神経で傷つけるインタビューをした上に、数少ない水のペットボトルを、まさにブルジョア貴族の力を見せ付けるかのように購入していますが、そんな暇があったら助けなくて良いから水ぐらいキチント持ってきてください、と思いますね。

梅村さん の知人の縁戚が亡くなられた、しかも自殺というのは本当に大変ですね。つつしんでご冥福をお祈りいたします。
  • taka 
  • URL 
  • 2018年06月22日 11時15分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

ブログ内検索

短歌も詠います

短歌一覧はバナーを押して下さい。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

お問合せメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

<>+-

ブロとも申請フォーム

アンケート

今日の言葉

京都お役立ち情報

短歌ブログランキング

マーケット情報

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

openclose

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

日本史ブログランキング

FC2カウンター

ブログ開設より2017年12月25日までのトータルアクセス数は11万近くを数えました。お礼申し上げます。リセットされた状況は下段に説明しています。

泣く‼ カウンターがリセット!

SSL(暗号化)に対応するためカウンターを一旦削除。再設定したらリセットされ「0」に・・・大泣き‼

2017/12/25日までのトータルアクセス数(一人一日一回のみカウント)は11万近くありました。最近はSSL等の影響でfc2のカウント数と実際の解析によるアクセス数の乖離が大きくなっています。日によりfc2の2~3倍が正味カウント数となっています。2018年を迎えたら、さらに2.5~6倍もの開きになっています。キーワード検索も表示ゼロで、どんな記事、内容に関心があるのか?こちらでも把握できていません。良い記事を書くための参考にしたいのですが・・・残念です。とりあえず現況をお伝えしました。