FC2ブログ

3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

Entries

京都御所の六門と築地塀を作りました ①その前に

今回、京都御所の六門と築地塀を作りましたが、その前に、3Dで作る際に幾つか気づいたことや発見?というか実は後の祭り的ヘマや失敗の自己弁護用予防線として書きました。ですから、ここに書きました事を前提に、その②で、一気に3DCGを掲載しますのでどうか「また、やらかしたか」と思わず温かい眼でみていただけるとありがたいです 笑。

さて、後の祭りの最大の案件からいきます。

まず写真を見てください。
御所の南に位置する正門・建礼門をを前から見たものです。

京都御所正門の建礼門(四足門)
よく見かける写真です。

次にその建礼門の裏側。
建礼門の裏側

どうです?何か違いわかります?すぐ分りますよね。後でわかったのは自分だけ・・・かな。
表から見る門は門扉に向かって斜め上に参道が上っていますよね。ところが、裏側から見る門に段差がない!御輿がそのまま入れるようにという面もあると思いますが、言えることはただ一つ、門の外より内側の方が地面の位置が高い!ということなんですよね。考えてみたら、雨水対策や御所の池泉管理、その他生活水路から見ても築地塀内から外へ一段下がる・・・というのが当たり前のお約束事なんですよね。門を作ってから気づいた。今回は、何と門の内側に石段を設けるという苦肉の策・・・あぁ、また、内裏内の地面をかさ上げしなければならないのか・・・と、これが今回、最大の失敗。3Dちゃんと見てくださいね。しっかり石段ありますから 苦笑。

これは、やっぱり3Dとか作る機会がないと、あまり意識しないことではというのを一つ。
まずは写真を見てください。御所・築地塀が三つ横に並んでます。

築地塀にも格差
御所の築地塀。

どうですか?「五本筋線が入っているの一番格式が高いんだろう?」などとは言わないでください。
違いは塀基礎部分の石垣の高さ、段数です。
左から四段、二段、一段となっていますが、当然、四段が最高格式で建礼門や東側の唐門・建春門の左右築地塀は最たるもの。それに続く二段が公家等の出入りする門の左右の塀。そして一段は御所西側に開く清所門や皇后門といった御用向き関係者が入る門の左右、という感じ。ただ、たとえば、西側に一直線に続く築地塀には門の格差があって、二段と一段の両方あります。どこが分かれ目?塀自体は同じ高さだよね?それか、わからないように塀が緩やかな高低差になっている?

その辺は、作る段になって、どうだったかなぁ?というレベル。明日、現地確認行こうか、など、そこまでフットワーク軽くないし・・・。そうだ、ひょっとして塀に小さくある穴門で分けている?実は今回そうしました 笑。

別記事で前も書きましたが、公家・朝廷にとっては最高格式の門は四脚門である、ということ。実際、御所の南正面に位置する建礼門は四脚門です。じゃ、唐門はないの?かというとそうでもありません。東側築地塀に大きな向い唐門があります。ハッキリ言ってこっちの方が豪華・派手です。でも位置するのは東の脇門筋。将軍が参内するときなど使ったんでしょうね。武家の棟梁である徳川将軍や大名からすれば豪壮な唐門が正門的感覚。御所はコテコテより品位重視か。

御所の唐門である建春門
御所の唐門である建春門。

では、公家はなんで唐門でなく四脚門に拘ったか?
その辺の歴史的背景を絵巻等から見ていきましょう。

上土門の絵巻
中世絵巻にみる上土門。屋根代わりに土がのっかています。



法隆寺西園院上土門と唐門

遺構として法隆寺西園院上土門が残っています。


で、室町時代ころから出始めた平唐門。
妙心寺平唐門
妙心寺の平唐門。

ちょっと妻側から見る側板の形が上土門と似てますよ。個人的にこの上土門の進化系が平唐門だと思います。そして桃山期を迎えると西本願寺唐門のような向かい唐門が出現する。

しかし、公家からすれば唐門のルーツは上土門。土が屋根がわり。だから公家は四脚門を上位に置いた。そして御所も。

今回、そのように御所の門の位置関係から類推しました。

そうそう、その片鱗をみせるかのような物を御所で見かけましたよ。

御所の上土門の名残
どうですか?上土門の名残にも見えませんか?

他にも気づいたことありますが、これぐらいにしておきます。


コメントの書き込み&閲覧はこちらから


ランキングアップします。ポチっと励ましの一押しお願いします!


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

※ お問合せのメールフォームは左サイドバーにあります(管理人のみ通知)。

※ ブログに掲載する3DCG、加工済画像等の無断転載は固くお断りします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

ブログ内検索

短歌も詠います

短歌一覧はバナーを押して下さい。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

お問合せメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

<>+-

ブロとも申請フォーム

アンケート

今日の言葉

京都お役立ち情報

短歌ブログランキング

マーケット情報

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

openclose

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

日本史ブログランキング

FC2カウンター

ブログ開設より2017年12月25日までのトータルアクセス数は11万近くを数えました。お礼申し上げます。リセットされた状況は下段に説明しています。

泣く‼ カウンターがリセット!

SSL(暗号化)に対応するためカウンターを一旦削除。再設定したらリセットされ「0」に・・・大泣き‼

2017/12/25日までのトータルアクセス数(一人一日一回のみカウント)は11万近くありました。最近はSSL等の影響でfc2のカウント数と実際の解析によるアクセス数の乖離が大きくなっています。日によりfc2の2~3倍が正味カウント数となっています。2018年を迎えたら、さらに2.5~6倍もの開きになっています。キーワード検索も表示ゼロで、どんな記事、内容に関心があるのか?こちらでも把握できていません。良い記事を書くための参考にしたいのですが・・・残念です。とりあえず現況をお伝えしました。