3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

中近世京都の土豪館ってどんな感じだったんだろう?

今回紹介する革嶋家は京都郊外の西ノ京に800年も続く古い家柄で、先祖は代々、西ノ京の土豪として勢力を競ってきました。平成15年には同家が所有する「革嶋家文書」が国の重要文化財にも指定されました。現在、京都府総合資料館で保存されています。同家のように一地方の国人・小豪族が鎌倉期から数えて800年も自家の様々な文書を絶やさず保管してきたのは稀有なことで、それが重文指定につながりました。その文書のなかに同家の敷地図及び間取り図が残っていて、今回、それを参考に3D化してみようという試みです。ですが、その前に革嶋家の歴史をまずはたどってみます。
革嶋家文書
これが「革嶋家文書」です。上記、京都府総合資料館の写真を掲載させて頂きました。文書は約2100点ほどから構成され、中身はまさに革嶋家の歴史そのものを物語っています。では、革嶋家とは?ご紹介しますと、革嶋氏は現在の京都市西京区川島の地に、鎌倉初期に関東から移り住んだと伝えられています。関東では佐竹家の一族だったといいます。鎌倉時代後期になって葛野郡革嶋南荘の下司として初めて日本歴史の舞台に登場します。その後、室町幕府の御家人として、在地領主として、また織田信長のもとで戦う武士として、はたまた明智光秀に味方したために、しばらく浪人だった時代もあります。しかし、江戸時代に入り武士身分に戻り川島村の有力者として、さらに幕末には尊皇攘夷の志士として活動し、あの新撰組に襲われるなど、京都の在地領主として歴史の波のまさにその渦中を潜り抜けてきました。国の重文を記念した展示資料本がありますので紹介します。
革嶋家文書展
京都府総合資料館で記念展示したときの目録本です。そのなかに前述した間取り図等あります。間取り図は江戸中期の元禄のころの絵図で、同家が江戸期、一番衰亡したころ絵図ということで建屋は敷地の割りに少ないです。120~30坪ほどですかね。本来なら長屋門もあったはずですがそれも記載されていません。しかし屋敷を取り巻く方形の堀と土居は健在で戦国の頃の小城郭の雰囲気をよく残しています。近年、発掘調査も行われ、たとえば東西方向に47mの堀跡が見つかるなど、ほぼ絵図の通りだったことが確認できました。
革嶋館屋敷古図
その絵図です。しっかりと屋敷を掘と土居が囲んでいますね。土居藪とあるのは竹でも植えられていたのだと思います。土居といいますと豊臣秀吉が京都をぐるっと囲んだ「お土居」が有名ですが、そのお土居には竹が植わっていました。竹は火事に燃えにくく、戦いの時には武器にもなります。また竹の子は食料になり、根っ子は土居の地盤を強化するなどとても使いでのある樹木なんですね。時には竹そのものが利権争いの種にもなりました。
それでは、まず敷地図の外観から載せますね。
革嶋館外観図
いかがですか、クリックすると拡大します。見ると、規模は堀等含めて1500坪ほどです。トイレやお風呂などはすべて外です。やはり家相というよりも家のなかだと臭うし、家が腐りやすかったからでしょうね。入り口にあたる土居の切り通しの部分はなにもありません。これでは戦いがあっても何の防御にもなりません。もう江戸時代だから長屋門一つなくても困らなかったんでしょう。それか財政上の問題かも。後、敷地の北側の方はかなりの空地です。昔はもっと建屋が建っていたかもしれません。次に間取りの主要部をご紹介します。
革嶋館主要部間取り
玄関・式台を構える一方で牛小屋が同居していて武士でもあり、名主でもある同家の立ち位置が間取りに表れていて面白いですね。発掘では江戸期の瓦も見つかっているので、家屋敷は多くは瓦葺だったと思います。とにかく言えることは中世の小城郭を伴った間取り図は珍しく、当時の地方土豪の住居を知る資料として重要なものです。では、次回以降、続けて3D作成を行います。どんな風にしようかな?

ブログランキングに参加しています。気に入ったらポチッとよろしくお願いします。





記事のコメント待ってます。とても励みになります。下のコメントバナーをクリックして下さい。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター