3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

梅村京一朗短歌集  啓蟄の鳴り


★ その店は 道を挟んで 二つあり 往復が日々の あなたは逝きて


なくなった嘉右エ門(よしえもん)さんのお店は県道を挟んで二店舗ある。嘉右エ門さんは父の代からとても
お世話になった方だ。地元にも貢献し父の株の先生でもあった。その道を挟んだ二店舗を毎日、往復するのが
嘉右エ門さんの仕事の一つだった。歳をとって車に撥ねられないかなぁ・・・と心配していたが、一昨年、もう歳で亡くなられた。
もし店舗が一つだったら、もっと長生きしたかなぁ・・・いや、逆だったかもしれない?人生の往路を歩いたのだから。 

     
★ 嘉右エ門 あなたの名は 忘れない 悼む心に 恩情は滲んで


その一度聞いたら忘れない「嘉右エ門」という名前。お世話になり、工場用地の取りまとめにも尽力くださった。
だから嘉右エ門さんの名前は懐かしい。死ぬまで忘れないことがあなたへの恩返しだと思っている。
葬式の日はあまりにもよく晴れ渡っていた。


★ 旅支度 奈良の千年を 聴きに行く 南都祖宗の 声明は美しく


声明
今駒清則写真集『南無観』より引用


奈良の南都仏教は天平の昔の仏教の原型をいろんな読経、儀式、法要に残している。
そのなかでも私は「声明」が好きだ。
キリスト教でいう聖歌、イスラムでいうコーランにあたる。
声明は、お経に節がついた仏教音楽と言われるもので、実際に聴くと、朗々として響き渡り
魂を揺さぶられる感覚になる。
その声明の故郷、奈良は京都よりもさらに「いにしえ」を感じさせる。


★ 熱湯の やがて冷めゆき ぬるま湯に 飲めば時計の 針を見やりて

湯呑み


熱湯を沸かしたまま、暫くしてぬるま湯になることは日常茶飯事だ。
そんな日常なのに、なぜか時計の針を見ながらぬるま湯を飲むときがある。「たまには、ぬるま湯にも気を注げよ」
ということだろうか?


★ 傷物の 蜜柑と言われても 美味しくて 箱いっぱいに 旧正月が来る  

cad6821053359bf256604b613dd.jpg


たまたま、近所のよしみで箱いっぱいの蜜柑をくれた。ただし傷物のみかん。でも中身はおなじようにおいしい。
傷物の分安い、そして量もたくさん。
だから、旧正月を過ぎても余裕で残る。そう、最後は勝つんだ! 傷物でもね。

★ モチノキの 冬にも耐える 赤い実の 鳥たちの食めば 春がやって来る

モチノキ


モチノキ系の樹は秋から冬、ビワのような赤い実をいっぱい付ける。鳥たちが直ぐ食べそうなものだが食べない。
じっと、熟して美味しい年明けの晩冬、待ってましたとばかり一斉に食べる。モチノキの赤い実は鳥たちにとって
まさにお正月の餅なのだ。お腹がいっぱいになると、そこはもうすぐ春の到来だ。


★ パスワード 大文字小文字の 入り乱れ 数字四桁では 収まらない未来


最近はネット関連の様々なパスワード設定で覚えきれない。しかも有無も言わさずパス変更を
促されるときもある。仕方ないからA4一枚にびっしりグーグルからヤフー、楽天、アマゾン、ネット銀行と
書ききれないほどのIDやパスワードを書き込む、それを透明なA4ケースに入れマウスのパッド替わりに使っている。
もう、将来はAIに任せるしかないかも。4桁のパスのシンプルライフに戻ってみたいものだ。


★ 郵便受け 封書がたくさん 手間取れば 春の旋風の 背後で鳴りて


8effc3a11a0c096d4f97545addb.jpg


春一番が吹くころ、たまたま郵便箱にたくさんの郵便物が入っていて、
それを取り出すのにマゴマゴしていたら、一陣の旋風が背後で巻いたのを感じた。
油断も隙も無い、春の旋風に決まった通り道などないのだ。
でも、その予期せぬ「つむじ」が好きだ。樹木を冬から揺り起こしてくれる「荒くれもの」だから。


★ 蜜柑の 剥いた袋の 固まれば 思わず針で 刺したくなる冬


寒い冬、お炬燵でみかんを食べるのはよくある茶の間の風景。
今はダイニングやリビングのソファーかな。
皮をむいて雑談に耽っていると、たまに蜜柑の存在を忘れることがある。
で、気が付くと、むき出しの蜜柑の小袋が乾いて固まっている。
そうすると、つい針で刺したくなる「おい、起きろ」と。でも、悪いのはこっちの方だ。忘れていたのだから。
家にこもりがちな冬、イタズラ心が湧いて仕方がないのだ。


★ 雨の日の 車の下の 乾いた土 そこだけ昨日の 温もりを残して 


車の下の土


雨の日はつい下の地面を見つめることが多い、「いつ止むかなぁ」と。
そんなとき、たまたま車に目をやると、そこだけ車の下が濡れていなかった。
そう、晴れ上がった昨日の土の残りだ。そして、その余韻であり温もりでもある。


★ 駅地下を 冷たき風が 吹き抜ける 乱れた少女の 髪を残して


地下街


駅地下の冬は寒い、寒気が凝縮され、一方向にどっと吹き抜ける。
そんな日、風が女子高生たちをイタズラしてあっと言う間に吹き過ぎた。
後には乱れた少女の髪だけが、その一陣の風の痕跡だった。
でも、その乱れた髪は非日常な光景で、思わずその美しさに見惚れた。



★ 目覚めれば 布団のベッドから 落ちていて アラームもいらない 霜月の朝


目覚まし時計


私がベッドから落ちた訳ではない(落ちたことはある。そのときは足の親指の爪がもげた)。掛け布団が落ちたのだ。
ホテルのようにベッドメイキングしていないから、落ちれば寒く大概目が覚める。だいたい明け方が多い。
だから目覚まし時計がわりと言うわけだけど、
単純にいい歳した男の「やせ我慢」発言です。


★ 五色豆 友から送られ 口に食む 遠く平安の 節会の味のして

五色豆


平安時代の建築を3Dで再現したとき、ちょうど「年中行事絵巻」に五色の幕舎が描かれていた。
五色とは仏教において如来の精神や智慧を5つの色で表すもので、青・黄・赤・白・黒が
その五色と言われます。古代中国の陰陽五行説に由来するとも。
でも、もっと太古のころ、地球上の人類は五色に分かれていたという・・・説もあります。
黄人  アジア人
白人  ヨーロッパ全般
黒(紫)人  アフリカ、インド、アボリジニ(オーストラリア)など。
でも、赤人は正確にはわからない。失われたムー大陸の子孫?
青人は地底人? そういえば赤鬼、青鬼も、かつては存在したけど退治されてしまった?
ひょっとしてスサノオにつながる?
日本の古神道には世界から五色人が集まり、そのシンボルが五色の幟旗だったとも?
ちょっと、というか、かなりオカルト的だけど夢があっていいじゃないですか。


★ 予期しない 心の安らぎを 得た朝は 静かに一杯の コーヒーを飲む 


腹の虫が収まらない、その反対が予期しない朝の安らぎ、
昨日には理由は求めない。ただ、朝を五感で感じられることに幸せを感じる。
そんな思いの朝もたまにある・・・。


★ 先に逝けば 少しの涙で いいからと 誰も知らない あなたへの伝言

大切な人にはあなただけがわかるシグナルを送ろう・・・


★ マジックペン キャップを閉め忘れ 擦れた文字 書くうちに濃くなる 小さな失敗 


マジックペン


マジックペンのキャップの閉め忘れはよくあることだ。
私の机の引き出しには、そんな使いかけの描けないマジックが幾つもある。
筆入れはやがて書けないペンたちで占拠されてしまうのだ。
 

★ 雨の日の 車の下は 猫の宿 日がな寝入りて 止んだら消えて


車の下の猫


猫は気まぐれ、ただ雨の日はおとなしい、車の下でじっとしている。
でも、急に秘密のアジト?へ消えて行ってしまった。
雨が先に止むのか、猫が先に視界から消えるのか?
ふと「自然界の間合い」を感じた。






ランキングアップします。ポチっと一押しお願いします!





俳句・短歌 ブログランキングへ




「拍手」もお願いします。とても励みになるんですよ!!


当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター