3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

建築雑感 明治の童話

私は幕末から明治かけての古写真を見るのが好きです。

眼は如実に物を語るではないですが、
今は失われた当時の風景や風俗、社寺、城、街並み、大名屋敷などを見ると「江戸はまるで庭園のなかに都市があるようだ」と当時の来朝した外国人たちも讃えた、その美しさがモノクロームなトーンで目に入ってきます。

そのなかでも、
自分の夢を底抜けに実現し、まるで明治期の大人の童話を地で描いたような
この邸宅建築が好きというか、とても強い印象を与えてくれます。

浅野財閥邸宅

明治時代の浅野財閥の総帥・浅野 総一郎が明治42年(1909年)に、東京三田に建てた自邸「紫雲閣」です。戦災で焼失するまで、家族の住居のほか、外国賓客の迎賓館として使われたそうですが焼けてしまったのは勿体なかったですね・・・
残っていれば映画「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルにもなった目黒雅叙園よりももっと脚光を浴びたかもです。

目黒雅叙園
目黒雅叙園

浅野邸の正面は唐派風を伴った二重派風の玄関車寄せ。
背後の楼閣は何というか五重塔に金閣と西本願寺の飛雲閣を足して三つで割ったような奇想天外な建築。
そのまた背後も二階に高欄を配した大型建築。
誰しも夢では想像するかもしれないけど、実際に「この世に竜宮城」を作ってしまった浅野 総一郎という人は、
金に糸目をかけない成金の建築道楽か童心のなせる業か?
おそらく、その両方だったと思いますが。

三階建て禁止令のごとく様々な禁制に押さえつけられてきた長い江戸時代。
そのうっ憤を一気に晴らすような邸宅建築ですね。

ちなみに浅野 総一郎が創設した浅野財閥ですが、
最初のセメント事業を皮切りに重工業から開運・商社まで様々な事業を展開しました。
現在も残る旧浅野財閥系には、
日本セメント、現・太平洋セメント
新日鐵住金八幡製鐵所小倉地区)
丸紅
日本カーリット
日本鋼管(現・JFEエンジニアリング/JFEスチール)
東亜建設工業
日本郵船、
などがあります。

近代和風建築のなかに、
「帝冠様式」と呼ばれる建築様式があります。

TokyoNationalMuseum.jpg
帝冠様式の傑作・完成系。上野の東京国立博物館

掻い摘んで言えば鉄筋コンクリート造の洋式建築に和風の屋根をかけたデザインが特徴でした。
これは行き過ぎた西洋模倣建築に対する反駁として意識され各地で建てられましたが、
終戦を挟んでまったく下火になってしまいました。
現代のビルはほとんどが平な陸屋根のビルです。機能的だけど面白みがない・・・それが現代建築とも言えますが、
だからと言って平らなビルに和風の屋根を載せれば「はい、現代和風」のできあがり・・・
という訳にもいかない。

和風建築の特徴は、入母屋や切妻など大きく軒先まで配した屋根が特徴の一つですが、
逆にいうと、建築様式に屋根の占める割合が高いということは建築の意匠性、多様性の面から見ると
縛りというか幅が狭くなる面が無きにしも非ず。
風土的にも屋根が平な陸屋根は古来からの日本建築にはほとんどありません。

特徴ある屋根があるからこその和風建築。

その屋根のボリュームが大きい故の建築の定型化。

しかし、その屋根がないと和風建築の味が出ない・・・

たとえ、コンクリートのビルに格子や木目模様をあしらっても、
それは和風の張りぼてっといったら言い過ぎですけど、
条件反射のように和風=格子・木目模様も少々定番すぎ。

もっと違った和風デザインはない?

そう思ったとき、
この浅野邸を見ると、
日本建築の組み合わせの妙に興趣を覚えます。
少々中国テイストはありますけど。

なんというか和風建築の場合、奇をてらうと中国面に陥る禁?がある。
だから、数寄屋風になっていく。
そうすると、俳句や利休の世界みたいに余分なものを極力排する究極のシンプル=美になる。

すると今度は一般受けしなくなる・・・

やはり日本には浅野邸のような千と千尋の神隠しの「湯屋」的華やかさがもっとあってもいいと思う。
たとえ、温泉建築?と言われようと、派手で楽しく面白く愉快な建築。
そこから、だんだん収れんされ粉されていったら、新しい和風様式美を生むヒントになるかもしれない。




ランキングアップします。ポチっと一押しお願いします!






俳句・短歌 ブログランキングへ




「拍手」もお願いします。とても励みになるんですよ!!


当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター