3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

梅村京一朗短歌集 水脈の夏

最近は台風や天候不順で雨も多いですね。

何となく湿気を帯びた部屋で、
パソコンに向かっていると、
なんか脛あたりがむずむずする感じ、

気になってズボンの裾を上げたら、
な、なんとムカデが!!

けっこう大きい、
思わず本ではたいて刺されずには済んだけど、
室内のどっかに潜んでいる・・・ハズ・・・

その夜はパソコンには近づけなかったです 笑

ここ最近、天候のせいか頭がボっとしてます。
3Dも集中力が下がりまくり。
別に、納期がある訳じゃないですけど、
自分なりに人生は限られていますからね ??

でも今日あたり、再びエンジンにスイッチがかかった感じ。
頑張るゾ!

で、その前に、
心の静謐と整理を兼ねて短歌を詠います。

いつものごとく拙く作品ですが、
よろしかったらチラ見してみてくださいませ。


★ 雨の日の 傘を差す児と 差さない児 見ているうちに もう晴れ上がって

傘と子供

雨が降って傘を持っていても差さないときがあります。
大人の場合、たいがいズボラか何がしかの理由がある訳ですが

子供は雨の子
嬉しいことがあれが傘など忘れてしまうのですね。
じゃ、差してる子は優等生?

そんな子供たちを見比べていたら、
もう晴れ上がっていました。

考えるよりも、お天気が「回答だった」、そんな感じかな。

★ 使わない 名刺の束から 一つ落つ 君の名前の 今は懐かしく


名刺

名刺といえば挨拶代わりにいくらでも配りますからもう何百と整理帳に収まりません。
そのほとんどは使わないから、この前の引っ越しのとき、もう処分しようと思ったけど、
できませんでした・・・
歩んできた人生の履歴でもあるから。

そんな名刺の束から一枚が落下。
名前をみたら、
「あぁ、あの商売下手の〇〇君」
断ってもめげずに来て、しまいには愚痴を聞いてあげるようになった。

彼はほんの一時、羽振りがよいときがあって、
夜のキャバクラ通いに熱中。
でも束の間、お金も底を尽き、奥さんのヒモ状態で
帰宅拒否症になってしまった。

それでも懲りずに女通いは続き、不思議と離婚もせず、
ひょっとして奥さんはダメ男が好き?

と、いつのまにか彼も来なくなって、
先日、知人に聞いたら、なんと人工透析を受けているとのこと。
彼の行状から自業自得だよなぁ・・・と思いつつ、
なぜか憎めない彼を名刺から見つけたとき、
懐かしさがこみ上げて来てとまらないのです。



★ 並木道 車の風圧に 巻き上がる 枯れ葉たちの エモーシャルな渦



考えてみたら、枯れ葉、落ち葉って一年中道に落ちている気がする。
照葉樹の衣替え、竹の秋、様々な形でヒラヒラと。
だから年中、車に踏みしだかれている。
風圧に巻く渦は枯れ葉たちの怒りと存在のパフォーマンスなのだろうか・・・



★ よそ事を つい考えて 見失う 地下駐車場の 二番出口 



そのとおり、初めて入る都市ホテルの地下駐車は迷宮のようで、
つい出口も通りすぎてしまう・・・
相席からは、「何してんのよ」とボヤカレるけど、
実は楽しんでいる自分を、心の中では言っているのですよ。


★ 好きな歌も いつか聴き飽きると そう言えば 見も蓋もなく 「今」を重ね聴く



好きな歌はいつまでも好き、というのはその通りだと思う。
「好き」と「飽き」は実はコインの表と裏のように、
時に裏返し、また戻して聴いている気がする。
でも、コインを裏返ししない「今」、新鮮な内に聴き溜めしておこうと思うのです。


★ その角の 鶏舎の鳴き声が 消える辺り 気流が変わる 一本の道のあり


何も遮るもののない一本道で、一歩またぐ瞬間、
鶏舎の音がパタッと消える場所があります。
自然界の境界?もし道祖神がいたら
聞いてみたいです、ちゃんと測っていますかと。


★ 固形石鹸 固過ぎていつまでも なくならない 「君は置物?」 と、それでも使い


固形石鹸


これも憎めないケース。
意地でも泡は数滴。
いつ融けてなくなっていくのだろう?
洗面所の片隅にもう置物でもいいや、と今は思っています。
いくらなんでも、自分よりは長生きしないと思うから。


★ 街角で 同じ着信音を 聞きつけば 挙動不審な 自分に笑いて


同じ着信音なら、「おお仲間よ」と握手を交わすべきかとも思いますが、
そこは人間のサガ、「音マネすんなよ」、と聞いて聞かない振りをして通り過ぎます。
ですが、ちょっと動揺した気持ちは隠せず、。
挙動ってしまうのです。


★ スーパーに 二階があることを 灯りで知り 暗闇のなか そこだけが浮く


その店は大型店にも負けず頑張ってます。
何といっても惣菜がめちゃ美味しいのです。
一階の店内しか回ったことないから、
二階などあるとは知らなかった。
スーパー=平面だっから。
でも、その二階の灯りを見つけたとき、
三次元の安心感を感じましたね。


★ 三叉路の 信号待ちは 長過ぎて 人だけ通れる 抜け道を見る


長い信号待ちで、その歩道のそばには
とある学校を斜めに抜ける抜け道があるのです。
人専用ですけど。
ですから、気安く抜ける人たちを羨ましそうに見ながら待つのが
僕ら車組の日課なのです。


★ はめ殺し という名の明かり取り 開閉が ない窓から見る それは光に満ちて


はめ殺しの窓は開かないから風も通らない。窓を開け空気を吸うこともできない。
でもその分、虫眼鏡のように日差しを集中して明るく差し込んでくれる。
はめ殺しから見る窓はまさに光の神なのです。

★ 蛇口から 生暖かき水は 無くなりて 水脈の夏 海に還りて


蛇口



室外の水道の蛇口からでる水も、今は夏の生暖かさはなくなりつつあります。
水道水であっても水脈にはちがいなく、やがて河口に流れ、海で蒸発して雲になり
そして山に雨を降らせ河となってまた海に還る。
水に循環があるように、水にも四季のあることに改めて感じいるのです。


★ ユニークな 帽子とヒゲを 取り去れば ただの人と笑う 君は友がら

似合うから、取るとなおさらその落差が大きくて笑いがとまらない。
笑い過ぎだよと言われても、
逆に、そこまで帽子とヒゲでかっこよく変身できる彼が羨ましくも感じるのです。



★ 目薬を 差せば天井に 蜘蛛のいて 一瞬目が合う おそらく蜘蛛も



けっこう大きな蜘蛛だった、
思わず目薬を差す手が固まってしまった。
蜘蛛の足も固まって動かない・・・

それが一瞬だったのか、
固まったままお互いの目が合った気がした。

そのとき、
蜘蛛の動揺も伝わってきて、
一瞬、蜘蛛が同じ人間に思えてしまった。

★ 上高地 リュックを降ろす 下山者の 梓川に落とす 肩は和らいで


上高地




上高地は特別に美しい。
奥穂から下山してくる登山者たちの足取りは重く顔も疲れた感じだ。
でも頂きにのぼった達成感、満足感からか、
重いリュックを降ろしたときの、
彼らの猫背は不思議と上高地の自然に溶けてよく似合っている。
猫背が似合う山、
そうそうはないと思う。

22日深夜、歌のなかの「猫背」を「肩」に訂正しました。

猫背がそのときの目に映った心境でしたが、
無難にというか、余韻を持たすため「肩」に変えました。


★ お揃いの マグカップが割れて 妻の言う 離れて暮らす 娘のをもらって


娘は今、東京で暮らしている。
自分がやりたことが東京にしかないからだ。
今度、帰省してきたらどうしよう・・・
さらに拘りのマグカップをあげようと思っている。

  
★ 大正の ホコリを吸うような 古書店の ワンピースが一揃い 思わず主を見る


こんな古書店も少なくなってきた。
専門書を置く店でも実はマンガ本、とくに全巻揃踏みともなると
けっこう高値でうれる。
で、たまに専門書を買う客がきて店主は饒舌になるのです。


★ 愛欲な 夢に目覚めて 頬をつく 遠く雷鳴の 鞭の音にも似て


なんでまたこんな夢をみたのか
自分でもわからない・・・・・
もう卒業したと思っていたのに、
そいえば数日前、用事で妙齢な女性と話す機会があった。
何か久し振りに高揚感を覚えた。

今度会う機会があったら文句を言おうと思っている。
「なぜ寝た子を起こすんだ!」と・・・笑

 


記事へのコメントはこちらから



ランキングアップします。ポチっと一押しお願いします!







 


「拍手」もお願いします。とても励みになるんですよ!!


当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター