3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

Entries

九条邸の文庫蔵を公開

毎日暑いですね!

でも、九条邸の新築工事の方はコツコツ進んでますよ。

以前制作した朝堂院や光源氏の住まいである六条院など、
それなりに時間はかかりましたが、
それでも建築スタイル・パターンに共通点もあってその分制作も捗りました。

しかし、今回の九条邸は邸内の建物も様々なバリエーションに富んでいて、
さすがに時間がかかっています。
後、まだサウナ風呂(蒸し風呂)も残っているし、
どんな風に作ろうか?
同時代の遺構も少なく、迷ってますけど、
現在残る西本願寺の飛雲閣に付属する「黄鶴台」
という風呂建築を参考にしようかと思っています。

細かくいうと、外にある便所なども一つぐらは作ろうかなとも思っていますけど、
意外と当時(寛永期)の便所の遺構とか少ないんですよね。

寺の本堂や神社の本殿・拝殿などの中心の建物は
文化財として多くが残っていますが、
直接、生活に関連した付属屋は少ないですね。

たとえば、
京都御所で言うならば、女官たちが暮らした長屋とか、
内侍所、禁裏付武家の詰所など、
直接、生活・実務に関わる付属屋は残ってないですね。
明治維新後、取り払われてしまいました・・・。

でも「あのころどんな暮らししていたんだろうなぁ?」と興味もったとき、
俄然、気になってくるのです。
目立たない、裏方の地味な建物たちが・・・。

と、横道にそれてしまいましたが、
今回は九条邸の二階建ての文庫蔵を公開することにしました。

このままだと、いつ九条邸の全容が完成するんだ?
ひょっとして制作をサボっているのでは・・・?

と思われかねず、
自分なりの危機感からアップすることにしました 笑。

まずはその文庫蔵の雄姿?を載せます。

九条邸文庫蔵斜め

どうでしょうか?

「蔵」らしくない、
はっきり言って派手ですよね?

自分もちょっとやり過ぎた感ありますけど、
実はこれにも自分なりに根拠?があるのです。

改めて、以前アップしました九条邸の屋敷・間取り図を載せますね。

九条邸二階文庫蔵の位置

この図のピンクの太枠で囲ったところが「文庫蔵」です。

これ見てどう思われます?

蔵など目立たない屋敷の隅っこか裏手にあるのが普通ですよね。

でも、この九条邸の「文庫蔵」は違う。

間取りの配置図で見ると、
対面所の前、
ちょうど、対面所から奥向きへと繋がる渡り廊下が90度直角に曲がる位置の角地。
どう見ても絵的、構図的に目立つ位置にあります。

まるで「見てくれ」と言わんばかり。
つまりこの蔵は「見せ蔵」、あるいは「見せ櫓」だったと思われるのです。

位置的に寝殿造りだったら釣り殿、
足利義満の北山殿だったら金閣のような楼閣的役割。

そんな位置づけをこの蔵に認めます。

ですから、今回、それに合った楼閣風の文庫蔵にしました。

正面に唐派風をあしらったのも、その意匠性からです。

九条邸文庫蔵正面


その唐派風のズームアップです。

九条邸文庫蔵斜めズーム


正面からのアップもどうぞ。

九条邸文庫蔵正面ズーム

よく寺などに「宝蔵」といわれる漆喰の蔵造りのお堂があります。
読んで字のごとく、大事な物・宝物を保管する蔵ですが、
「宝蔵」と名づけるほどですから正面にはよく唐派風の庇が付くことが多いです。
装飾的にも華やかさに富んでいます。

この「宝蔵」を参考に作りましたが、
ちょっと、寺との差別化を図ろうと、
屋根は方形造りから入母屋の屋根に変更、
四周を囲む飾りの高欄も付けました。

これなら、
摂家の公家住宅にあってもおかしくはないと
自分ではそう思っているのですが。

今回の九条邸は、
寛永8年、1630年頃に建てられたと想定しています。
この対面所では当主の九条道房が、同邸を訪ねた将軍・徳川家光
とも体面しています。

で、そこからは庭園を借景として「文庫蔵」が
家光の目を引いたことでしょう。
家光の養女を嫁に迎えたこともあり、
屋敷は将軍家の支援もあり立派な建物だったと思います。

当時、寛永期は戦国の裏返しとして、
建築にも華かやさが爛漫していました。

後世のような建築規制(二階建て以上は禁止等)もまだなく
自由奔放な様々な家・屋敷が建てられました。
洛中洛外図屏風など見ると、それがよくわかります。

ということで、
九条邸文庫蔵も寛永の当時を想像しながら作ってみました。

後、せっかくですから幾つかのアングルからの3DCGも載せますね。

九条邸文庫蔵側面
はい、そのまんま妻側、側面からです。入母屋の派風も飾り金具で飾りました。



九条邸文庫蔵裏側
真裏からのショット。唐派風がないだけ地味ですね・・・


以上でした。
他の残り棟も随時作っていますので乞うご期待を。
きっと本邦初公開ですよ 笑。




記事へのコメントはこちらから



ランキングアップします。ポチっと一押しお願いします!








「拍手」もお願いします。とても励みになるんですよ!!


Copyright© 2014 3D京都 All Rights Reserved.


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

ブログ内検索

短歌も詠います

短歌一覧はバナーを押して下さい。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

お問合せメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

<>+-

ブロとも申請フォーム

アンケート

今日の言葉

京都お役立ち情報

短歌ブログランキング

マーケット情報

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

カテゴリー

openclose

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

日本史ブログランキング

FC2カウンター

ブログ開設より2017年12月25日までのトータルアクセス数は11万近くを数えました。お礼申し上げます。リセットされた状況は下段に説明しています。

泣く‼ カウンターがリセット!

SSL(暗号化)に対応するためカウンターを一旦削除。再設定したらリセットされ「0」に・・・大泣き‼

2017/12/25日までのトータルアクセス数(一人一日一回のみカウント)は11万近くありました。最近はSSL等の影響でfc2のカウント数と実際の解析によるアクセス数の乖離が大きくなっています。日によりfc2の2~3倍が正味カウント数となっています。2018年を迎えたら、さらに2.5~6倍もの開きになっています。キーワード検索も表示ゼロで、どんな記事、内容に関心があるのか?こちらでも把握できていません。良い記事を書くための参考にしたいのですが・・・残念です。とりあえず現況をお伝えしました。