3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

後悔した家づくり


※ 事情により室内の写真及び間取り図は削除いたしました。テキストのみで申し訳ありません。

理想の家を建てるには、三度、建ててみないと実現しない?

と、よく言われることですが、
今回は、自分自身の「建てて後悔した家づくり」について、とくに間取りから
愚痴ってみたいと思います。

「後悔しない家づくり」。
そんなタイトルの本を確か読んで参考にしたはずだけど、
いざ建ててみれば・・・後悔した家・・・・パロディ? になってしまいました。

建てたのは5年前。
家づくりなど興味もなく、本宅(実家)に増築して住んでいましたが、
何か急に建てたくなって、土地を購入し建てました。

中年過ぎの、何を血迷ったか的家です。

土地については、地盤が固く湿気も少ない風通しのよい土地、
ちょうどその条件に合った、ひな壇状の分譲地があったのでそこに建てました。

家は北向き玄関です。北向きの土地は不動産の価値も安いですが、
南向きに比べプライバシーも保てり、洗濯物もみえない、居留守もつかえる?
それと、ひな壇の分譲地であれば、南向きの寝室からは下壇の家も屋根しか見えない。
素っ裸になってもお巡りさんに捕まらない。
リビングからは他の視線もなく、ささやかな坪庭を眺めて心も休まる。

プロの設計士に聞いたら、意外にも「私の家も北向きですよ」とのこと。

ただ、湿気とカビの発生には気をつけて風通しのよい傾斜が緩やかな台地上がいい気がしますね。

ちなみに、日本では南向きの土地・家が人気ありますが、
たとえばイギリスなどリビングが西向きの家が人気あるそうですよ。
この地域は春から夏にかけて、日照時間が長く夜の10時ごろまで明るいそうです。
ですからリビングで、テラスでのんびりとテーパーティとか楽しむのが英国流生活。

国によって家の住み方もいろいろなんですね。

さて、
では現在住んでいる我が家の愚痴から、

現状の建坪は延べ43坪ほどです。

この間取り、
幾つか注文を出してハウスメーカー(中規模)から提案された間取りです。
おお!アール壁の階段!、まずそこに目がゆき、ペットの部屋、ドッグランもあって、
いいじゃん、となって住みやすさよりも、そのデザインが気に入って決めました。

個人的に、フランク・ロイド・ライトが好きなので、ちょっとそれ風に建ててもらうことにしました。

まず玄関前横のカーポートはどちらかと言うとお飾り的な感じ、
一台しか置けないので妻からは「私はどこに停めるの?まさか野ざらし?」と叱られました。
別に自分から設計士さんに注文した訳でもなくパース図を見て「おお!カッコいい」と
深く考えず図面のまま建てました(妻からは任せたわよ・・・と言われていたのですが)。

後で考えれば、二台置けるような設計にすればよかった・・・と反省しましたが、
何と言うか、提案された設計図に熱病のごとく洗脳されたかも。

そこでまず気をつけること。
デザインよりも機能性、生活重視の家を建てる。
カッコいい家も三日たてば飽きてくる。

玄関入って右の折戸の物入れ棚は便利です。奥行き40センチあれば大概の物は収納できます。

洗面室は2.5畳、脱衣や洗濯物置き場のことを考える2畳では狭いですね。
風呂は2畳あれば十分、そこで風呂の西側外壁には収納スペースを作りました。
これは便利ですね。箒など外で使う道具とかの収納にぴったり。

玄関入って左(東)は6畳の和室。ここも来客には便利。母が泊まっても困らない。
普段、使う頻度は少ないけど・・・

ここまでは比較的満足、

次にリビングに入っていよいよ愚痴の始まりです。
まず何と言っても天井の一部を吹き抜けにしたのが失敗。

設計士さんから初めて見せられたとき、
その吹き抜けのあるリビングのパースにウットリ・・・
営業トークでも、
北向きの家は暗くなりがちですから吹き抜けを作れば部屋も明るく、
冬もあたたかく何より開放感が気持ちいいですよ!

といわれ、自分も、即、気に入りました。
でも考えてみれば、最近は立ちの高い掃きだし戸も多く、それで十分採光が取れます。

我が家のリビング・キッチン・ダイニングは合わせて22坪ほどあります。
この広さだと、開放感はありますが意外とその広さをカバーするエアコンが
少ないというか種類が少ないんですよね。
しかも光熱費もバカにならない。

で、上下階の音や声が筒抜け、テレビやキッチンの料理やレンジの音、
そして臭い、そして光熱費がかかる割りにエアコンの効きは少ない。

また階段もリビング内にあってそこから冷暖房が逃げる、音や臭いの通り道に。

そう考えると、
階段は玄関・ホール側から上る。
吹き抜けが好きなら玄関が最適。
それなりに玄関ホールを惹き立ててくれるし、北向きなら明るくなる。

階段下の収納ほど入れにくい所はないですね。
この間取りで見ると、リビング東側奥にペット部屋がありますが、
ここ、2畳近くあります。
何考えてんだ??

これもやはり最初の熱病・幻惑にやられました。
ペットは好きですが、ここはやっぱり納戸ですよね。
モモには悪いけど、天国にいったら納戸に変更。
キッチンについては、I型を選択してよかったです。
折戸の物入れ・食料庫、食器棚や冷蔵庫、ダイニングテーブルがキッチンに並行する感じで見た目も使い勝手もいいです。
また料理しながらテレビも見れる。が、料理・流し台の音でテレビ音がよく聴けない。
リビング側も後ろでキャチキャチ皿洗ってるのでこれも視聴しずらい・・・

でも、やっぱ、L字状のリビング・ダイニングはいいです。
ささやかな坪庭を眺めながら食事もできますしね。

床をウォールナット(くるみの木)にしたのも良かったです。
固いですからコップが落ちて割れてもキズがつきにくい。
経年、年を経るごとに木の味わいが出てきます。

なんかこう書くと愚痴ばかりではないですね 笑。

二階に上がります。

すると、私の書斎スペースがあります。
吹き抜けのすぐ上。
開放感はあるのですが、どうも落ち着けないときもある。
ユーチューブで音楽とか聴いていると、
下から「うるさい!」と言ってくる。
でもイヤホンは好きじゃない・・・
書斎から三連のステンドグラスを眺めるのが好きですが、
最近は飽きてきました。

そして何よりも、隣の書棚の狭さ!
狭すぎて左右に本を探したり出すのに一苦労。
何でこんな風にした?
これも設計士さんのマジック、熱病のせい・・・・
書棚

こんなことなら、やっぱり吹き抜けなど無しに部屋を作った方がよかった。
そこは自分だけの書斎?

くどいようですが、
建てる際はこまかく実用的な注文をして、
見た目モデルハウスのような設計に洗脳されないこと。

後、寝室は妻の要望もあって畳コーナーを設置、
ここでコタツに入りテレビ見て・・・との計画でしたが、
実際は洗濯物の置き場・たたむ場所に変身。
ちなみに物干しは二間(3.64m)のスパンがあった方がいいですね。
それと干し場バルコニーの奥行きは1.35mはほしいですね。
室内にも星竿をかけれる吊り受け棒があると便利。

とにかく、クローゼットが狭くなりました。
寝室は寝るだけなら6畳でもOK。やはり収納重視。

二階ホールですが、ここだけカーペットにしました。
見た目もいいし暖かい感じなんですが、5年もすれば擦り切れてしまうし、
衛生的にもよくないです。
普通のフローリングで十分ですね。

二階のトイレですが、これもイラなくてもよいですね。
かえって娘さんの部屋とかあると二階のトイレの音は響くので
結局、一階のトイレへ行きます。
トイレなど水周りは費用もかかり、二階にある場合は家の劣化にも繋がります。
一階の場合でも、リビングから入るなど論外。
玄関ホールなど、音の聞こえ難い場所がベスト。
お客さんも気兼ねしないです。

各洋室についてもベッドや机の置き場を考えると6畳は欲しいですね。
この間取りだと寝室にスペースを取りすぎて5.2畳になってしまいました。
玄関の吹き抜けも1.1畳と中途半端になってしまいました。

そうそう、階段は踊り場をアール壁にしましたが、
これも意匠上はいいですが、やはり不便、アールの分狭くなります。

以上、ざっと現状の間取りを検証しました。

個人的には一階和室のようにそれなりに格式のある部屋が一つはあるとよいと思います。

では、現状に踏まえて間取り改造案を書きます。
これはもう頭のなかのプランで終わると思いますが、作ってみるだけでも楽しいので
簡単に触れます。

一階の変更案、
違うのは6畳和室を8畳の書斎兼応接にしました。
将来的に、もし介護など必要になったら寝室にします。

階段も玄関ホールから上る。

ペット部屋も納戸に。
階段もアール壁なし。

二階は吹き抜けなし。
代わりに8畳和室、床の間付き+押入れ付きです。
布団の収納もOK。
夏は涼しい一階のリビング、
冬は暖かい二階和室で家族みんなコタツにごろん。
和室はナンにでも使えて便利です。
ホール階段から直接入れますから、
プライバシーも守れて、それなりの客人を和室に招くこともできます。
床の間もあるし。
客人を泊めることもできます。

洋室も各6畳、
吹き抜けも一間四方の2畳、
これなら見栄えも採光もOK。

トイレはそのまま。

寝室クローゼットも奥行きを深くしました。

と、こんなふうな間取りにしてみました。
どうですか?


ランキングアップします。ポチっと一押しお願いします!





 



記事のコメントも、「拍手」もお願いします。とても励みになるんですよ!!


Copyright© 2014 3D京都 All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター