3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

内裏の正殿・紫宸殿の変遷

今回、金閣北山第の3D製作するにあたって金閣の次に同第の正殿、天皇を迎えるための宸殿(紫宸殿)作りに取り掛かっている訳ですが、では当時、義満の室町時代、どんな規模、形をしていたのか?

いまいちよく分からなかったので、平安時代から室町、幕末、現在の御所・紫宸殿まで資料を集め自分なりの
北山第宸殿を考えてみました。

現在、残っている遺構で見ますと、
京都御所紫宸殿
(幕末・安政二年、一八五五年造営の紫宸殿)

そして、慶長度造営の紫震殿を移築した仁和寺金堂。
将軍義昭が1573年(元亀4年/天正元年)に信長に追放された年が室町時代の終わりで、その後20年程あとで
慶長期を迎えるので、同金堂は室町期の紫宸殿の面影を残しているのではと思います。
仁和寺金堂
(仁和寺金堂)


従って、今回の北山第の宸殿は仁和寺金堂を参考にすることにしました。

同北山第の宸殿の位置は、
想像図中央にピンクで示した部分の建物です。
金閣北山第紫宸殿位置図
(金閣・北山第の全貌想像図)


平安から幕末にかけての内裏・紫宸殿の変遷を図に占めますと、

まず平安時代の紫宸殿復元図。
同復元図は、鈴木亘先生著「平安宮内裏の研究」から引用させて頂きました。
平安京の紫宸殿立面図


次に室町末期~桃山初期の紫宸殿(仁和寺金堂) 古寺巡礼 京都 11 仁和寺(淡交社刊、1977年・山本健吉著)から引用

桃山期(仁和寺)紫宸殿立面図


そして幕末の京都御所紫宸殿、日本名建築写真選集(新潮社)から引用

江戸末期紫宸殿立面図


上記三つの紫宸殿を比べてみると、
もっとも大きな違いは屋根の高さ、後世になるほど高くなってます。
屋根を支える斗栱(組物)の発達もあったでしょうね。

平安期のものが屋根が低くまさに平安時代の字のごとく、おだやかで権威付けを感じさせませんね。

ちなみに同時代の紫宸殿の規模を類推すると、
東西方向が母屋に廂等を加えて、11間、柱間を3mとして約33m前後、
南北梁間が母屋+廂+孫廂で6間ほど、20mほどになりますかね。実際はこれにスノコの廊下と高欄が付きますから
かなり大きい建物ですね。

慶長度遺構の仁和寺金堂は、東西桁行が母屋7間、廂各1間の27m、南北梁行が母屋+廂で5間15mほど。
平安時代より一回り小さいですね。
また屋根は今は本瓦葺きになってますが当初は桧皮葺です。

現在の御所・紫宸殿の規模は、母屋の東西桁行9間+廂で33m。
南北が3間の母屋に2間の廂。
東西の柱間は3mと一定ですけど、
南北は、母屋と廂の柱間が1.5m~4.5m、6mと不規則。

ちなみに日本の古建築は、
現在の一間1.82mと寸法が決まっていますが、実際は柱間の寸法がばらばらで、
柱跡を掘ってみないとわからないのが実情です。

屋根までの高さは20mほど。
現在のビルですと、5階~7階建てに相当します。

以上紫宸殿の変遷でした。



ランキングアップします。ポチっと一押しお願いします!




 




記事のコメントも、「拍手」もお願いします。とても励みになるんですよ!!


Copyright© 2014 3D京都 All Rights Reserved.



関連記事
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

迅速かつ丁寧な返信大変ありがとうございます。いつも更新楽しみにしております。
寒くなってきましたので、お体にお気をつけください。
  •  
  • URL 
  • 2016年10月13日 10時20分 
  • [編集]
  • [返信]

引用元が間違っていました。 

コメントありがとうございます。
引用元ですがこちらが間違っていました。
正しくは、
淡交社刊の「古寺巡礼 京都 11 仁和寺」でした。
1977年刊行で山本健吉氏著です。
間違って引用し申し訳ありませんでした。
また、貴重な時間を割いてしまったことも
申し訳ありませんでした。
今後はこんなことがないよう気をつけます。
  • 管理人です 
  • URL 
  • 2016年10月13日 06時41分 
  • [編集]
  • [返信]

仁和寺金堂の図面について 

いつも勉強になりながら拝読しています。
ところで質問なのですが、仁和寺金堂の図面は、日本名建築写真選集(新潮社)の何巻からの引用なのでしょうか。手にとってみたのですが、見当たりませんでした。お忙しいところすみません。ご教授いただけると幸いです。
  •  
  • URL 
  • 2016年10月12日 23時57分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター