3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

東三条殿再現と今後の3D作成について

お礼遅くなって申し訳ありませんが、二月に「御殿玄関」のアンケート実施させて頂き、結果は経年タイプ(つまり中古ですけど)の方が評価が高い、という結果でした。実際の公家・清閑寺家邸宅の玄関作成に当たっては経年タイプですけど別の杮葺テクスチャで屋根葺きました。アンケート時の杮葺テクスチャではなくてすみませんでした。あれからより質感のあるテクスチャを見つけたからです。とにかく協力していただいた訪問者の皆様方ありがとうございます。

それと清閑寺家邸の3Dパース図をアップしたとき、次回は室内の一部を再現と予告しましたが、それについてもしばらく延期させて頂くということでご容赦お願い致します。

さて、今回、平安時代貴族の代表的な寝殿造りの館であり、藤原摂関家の本邸また儀式の中心とされた東三条殿の3D再現を試みることにしました。
が、実際取り掛かってみると、これはかなり難題な3D対象だなぁ・・・と思いました。

下記で写真など、それについて、ちょっと触れてみますが、その3D製作そのものの今後の考え・姿勢についてこの場をお借りして書いてみたいと思います。

正直、ブログ上で3D作品を毎日とか週に数回程度掲載するのは、やはりというか、結構無理な部分があります。自分の非力さ、怠け心も確かに働いているんですが・・・

文章や写真掲載のみであれば、それなりに継続してアップできると思いますが、
やはり当ブログは「3Dの京都」がメインなので3D自体に拘りたいと思ってます。

そこで自分なりに今後のブログ運営の姿勢を書きます。

3D作品が完成(部分的な完成もあり)した時点でブログに作品と補足説明・写真・図とかまとめてアップしてゆきます。ですから掲載のタイミングは月一回もしく二回程度の頻度になると思います(3D以外の記事については書きたいと思ったとき)。

ですから、当ブログに訪問して頂く方には、たまにチラッと覗いて「あぁアップしてるわ」程度で軽く見てやってください。

細く長く、5年、十年の長いスパンで京都の3D再現を続けていきたいと思います。

また今後3D製作にあたっては動画でもアップできるよう対象建築の一部室内外をそれなりに作りこむ必要があり、ある程度まとめてアップするには時間もかかります。

それと3Dを作っていくと、それなりに少しづつ上達してると思います。
そうすると、一定程度のレベルへ・・・という欲が出てきます。困ったもんですね。

そういうことで、今後ともよろしくお願いいたします。

冒頭の東三条殿の再現ですが、取り掛かる際は、たとえば屋根は入母屋と切妻の適当な配置でいい、と安易に考えていましたが、いざ、ふたを開けてみるとさにあらず。

最新の研究、たとえば建築史家の川本重雄氏の書かれた「寝殿造の空間と儀式」という本では、とくに屋根の形式など従来の説とはかなり違っていて、現在、京都文化博物館に展示されている模型とは、結構、様相を異にしている面があります。
一度、見てしまった性(さが)で、やっぱり最新の東三条殿を再現しようと言う、良心の痛み??が生じて今回、最新の東三条殿にチャレンジすることにしました。

入母屋と切妻の組合せや軒高さを一定にあわせるなど、正直レベルが高いです。自分の拙い技量で出来るか心配です。時間もかかると思います。でもやってみます。

川本重雄氏の書かれた「寝殿造の空間と儀式」を読むと、現代人の思い描く平安文化と寝殿造りについて、それをずっと凌駕する当時の貴族・日本人・技術者のレベルと美意識を改めて実感しました。

では、その東三条殿について紹介編ということで何枚か掲載します。写真・図等についてはクリックすると拡大します。

まず、川本重雄氏の書かれた「寝殿造の空間と儀式(中央公論美術出版刊)」から紹介します。
寝殿造の空間と儀式(川本重雄著) 
(寝殿造の空間と儀式(川本重雄著)

あの・・・値段は高いですが、専門書特有の難解さとはちがって自分のような素人にもわかり易い文章ですよ。

次に従来の京都文化博物館に模型展示されています東三条殿、
東三条殿(京都文化博物館)
(東三条殿・京都文化博物館展示模型)

そしてやはり従来の東三条殿の根拠となった「日本住宅史図集」に掲載されていた東三条殿の立体図を紹介します。
東三条殿(住宅史研究会原図) 
(「日本住宅史図集」に掲載されている東三条殿の立体図)

そして、川本重雄氏の書かれた「寝殿造の空間と儀式」に掲載されている最新の東三条殿の立体俯瞰図です。
東三条殿(寝殿造の空間と儀式から引用)
(東三条殿・「寝殿造の空間と儀式」から引用)

どうでしょう?
細部をみていくと北の対が推測段階ということで省略されたり、屋根の構造も違っています。


以上、とりあえず東三条殿の時系列での違いを紹介編としてアップしました。

それぞれ想像してみてください^-^。



下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

ランキングアップします。ポチっと一押しお願いします!





記事のコメントも、「拍手」もお願いします。とても励みになるんですよ!!


注記:ブログ掲載の3D作品及びパース図については、著作権法に基づき、事前の承諾なく他への転載、利用をお断りしております。どうかご協力をお願い致します。 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター