3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Entries

3D変化(へんげ) その② 冷泉家住宅の外観が出来上がりました。

製作を進めていた冷泉家住宅の外観が出来上がりました。実際に存在する住宅を真似て3D化するのは、究極、どこまで徹底的に真似るか?ですけど、今回は適度に真似ました。でないとブログの更新が一ヶ月止まります(笑)。今は楽しくてブログ日々書き込んでいますが、まだ初めて二週間になるかならないかの段階。自分なりのリズムを掴んでいきたいですね。ちなみにブログはネットの日記帳みたいなもんだと思ってますけど、実は日本の歴史は日記大国でもあるんですよね。平安時代の道長の御堂関白記から始まって実に多くの日記(古文書)が存在します。その理由の一つは、やはりお公家さんなんですね。平安の世は日々儀式や遊興尽くし、それらを日々卒なくこなす為のメモ帳が日記だったんです。その私的なメモの慣習がやがては武士に広がり、さらに地方の庄屋階級へと繋がっていきました。だから日本史は面白いんです(笑)。ご参考までに良書を一冊紹介します。「日記で読む 日本中世史」(元木泰雄、松薗 斉著、ミネルヴァ書房刊)です。貴族の衰退から武士の台頭、相次ぐ戦乱、庶民の暮らし、と内容豊かなものになっています。
さて冷泉家の方ですが外観はともかく室内はガラッと変えました。前も申しました仕掛けがあるからです。外観パースは正面、玄関先、東側側面の三枚です。内部公開は明日にしようと思ってます。冷泉家住宅を見ていると、一見、武家屋敷と良く似ているんですが、そこは似て非なるものがあるんですね。何というか質素なんだけど、長い歴史で洗練された矜持とでもいいますか、そんな感じです。そんな公家屋敷街も明治14年、時の京都府・北垣国道知事の命ですべて撤去されてしました。残念ですね。でも仕方なかったかも・・・空家も多く治安上の心配もありましたし。九条家など料亭になってしまいました。それではアップします。クリックして頂ければ画像が拡大します。
冷泉家住宅(正面)
先回乗せた住宅に表門や塀を付け加えました。はっきり言って裏側は見ないでください。舞台装置と同じですよ(笑)。
冷泉家住宅(玄関前)
玄関先です。玄関というぐらいですからちょっと力を入れて作り込みました。公家屋敷の雰囲気が出てますかね?三枚目は東側の塀重門といって公と私的空間を区切る庭門です。
冷泉家住宅(東面)




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター