3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。随筆、短歌も詠みます。

Entries

3D変化(へんげ) その①

今日は日本全体がスッポリと雪に包まれた寒い日でしたね。この時期、例年ですと降ってもボタン雪状態なんですけど、今日は違ってました。サラッと風に巻かれた粉雪はまさしくパウダースノーでした。ここはシベリアかぁ?ちょっと異常気象ですね。
さて、本日のブログテーマは「3D変化(へんげ)。先日、冷泉家住宅を3Dで製作中と申し上げましたが、その一部外観が出来上がってきたので、その製作過程も含めアップしようと思い、「変化(へんげ)と銘打った次第です。パース図を二枚アップしますが、最初の一枚は間取り図をソフトでそのまま自動実行し3D化したもの。まったくの現代和風調住宅です。というかこんな間取りの多い平べったい家なんて今時ありません。何はともあれご覧あれ。
冷泉家住宅①
いかがですか?味も素っ気もないでしょう。ここから初めて造り込む訳でして、まず、屋根を取っ払い、反りや起くりのある入母屋や切妻の昔風屋根に改造。次に引き戸を入れたり、とそんなステップです。では屋根改造後の冷泉家住宅です。
冷泉家住宅②
ちょっとそれらしくなってきたでしょう?屋根が替わるだけでも結構印象がちがいますね。屋根はグーグルのスケッチアップで3Dパーツとして作成、そして間取りソフトに取り込みました。なら、最初からスケッチアップで丸ごと作ればいいじゃん・・・ということになると思うんですが、そこはやはり間取りソフトの良さがあるんですね。特に室内の作りこみとか、クォリティーの高さ、さらに室内のウォークスルーとかいろんな形で楽しめます。間取りだけでも「間取りオタク」にはたまらないんですね(笑)。スケッチアップはグーグルアース上に建物とか立体表示するのが主で外観重視です。でも3Dパーツを作り込むには便利なツールなんですね。「反りのある入母屋」一つとっても普通の住宅設計ソフトでは半ばお手上げです。だって今時、屋根に反りのある家建てる人いませんよね(笑)。
そんなんで、間取りソフトとスケッチアップの融合・・・そこから自分なりの3D作品を作って行きたいと思ってます。まずは頑張って冷泉家住宅の室内造作進めますね。そうそうサイズ別の屋根とかデータベース化もして効率高めないとね。ではでは本日現在の製作途中報告でした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

たまに短歌

2016年12月7日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター