FC2ブログ

3D京都

いにしえの京都を3Dで再現します。短歌、史話、公家さんも書きます。

Category [ エッセー ] 記事一覧

嫉妬を生まない御所の後宮システム 後編

後編では大奥からサヨナラして御所の後宮へいよいよ入っていきます。せっかくですから、前編に載せた東西の対屋の間取りを御所に当てはめてみます。内裏と東西対屋の俯瞰パース。何から書こうかな、ってとこなんですが、男性諸氏が「ハーレムかぁ、美女に囲まれて羨ましいなぁ」などと思ったらご法度!とんでもない間違いですからね。とくに日本の後宮は真面目ですから何より次代の帝をお産みなさることが一番の目的です。ですから...

嫉妬を生まない御所の後宮システム 前編

そもそも、御所後宮の皇后御常御殿と寝殿造の古制を最も残す飛香舎の3Dを作ろうと思って古い指図や資料を集めさぁスタンバイって思ったのもつかの間、考えてみたら、内裏の女官の数って何人ぐらいいたのかなぁ?江戸城の大奥の制度と御所の後宮とどんな違いがあるのか、とか、いろんな?が湧いてきて、収拾がつかず、取り敢えず自分なりに理解したことを先に書こうと思って記事にしました。タイトル「嫉妬を生まない御所の後宮シス...

紫陽花もドライフラワーになる2018年7月の酷夏、一人の涼やかな歌人が現れた。

きょうは一人のネット歌人をご紹介したいと思う。歌人の名は 「しま かよ」さん。自らのブログ「 みぢかうた 31もじ」 に自作短歌を一日一首のペースで発表されている。一言で言い表すなら、「短歌だから出来る詩」とでも言うのかな。詩は詩であるために無秩序で完結できないときがある。そんなとき、短歌というフィルターを通して現代の口語体自由詩を「体言止め」する。余分な言葉や形容詞を剥ぐ。すると、霧が晴れてゆくよ...

不自由の美

今、御所の陣座という建物を3Dで作ってます。そんなにかからないかな、とタカをくくっていたら、屋根に少々手こずってます。屋根の形状がアンバランスなんですね。和風建築の命は「屋根」の表現力なので、木子文庫の指図、一部・立面図を参考に作ってますが、他の建物との寸法合わせや立面図も一方向だけなので、御所で写した写真や写真集などの本とか見て作ってます。ここをこうすればヨカッタなぁ、とか、もっとスピードアップし...

手に入りました!

今、京都御所の紫宸殿南庭の正門・承明門の3Dを作っています。承明門。御所を見学された事がある方だったら紫宸殿前の朱塗りの回廊もみられたと思います。その正面南の門が承明門です。朱塗りが鮮やかですね。御所の朱塗りはまた格別です。3Dのテクスチャに最適です。白い漆喰も継ぎ目なく続いているし、ホント、御所の建物・庭は職人さんたちの魂がこもっていて素晴らしいです。承明門ですけど、木子文庫のなかの図面を参考にし...

公家町土地区画整理事業 区画決まる ②こぼれ話→悩み話に変わる。

今回は「公家町土地区画整理事業」関連のこぼれ話でも書こうかな、と思って今書いている所なのですが、ちょっと気になることがあったので少し触れてみます。拙ブログにも張っている「人気ブログランキング」の日本史部門で常にトップ争いをしてみえた『マイナー・史跡巡り』さんのブログが忽然と消えてしまいました。どうして?どこへ行ったのだろう?チョクチョク、記事も読まさせて頂いて、その情熱と行動力とマメさ、情報量の多...

hikakin君、3D京都も頑張ってるよ! (ただし金閣寺のみ・・・)

今日は雨模様だし、時間もあるし、何か別なこと書きたくなって急遽、ユーチューバーのトップランナー hikakinさんの事を書くことにしました。絵図の記事は次にということでご容赦を。ホント、ムラッ気で困ります。と、その前に以前、記事で自分が新しい事業を始める云々のこと書いたので、少しそちらについても補足しておきます。その事業ですが国から正式に認可が下りました。「農+α」的な営農です。全国的にも事例の少ないスタ...

『地表の楽園』 仙洞御所参観の旅

また先日、京都御所と仙洞御所へ行って参りました。タイトル、「『地表の楽園』 仙洞御所参観の旅、と名付けましたが「地上の楽園」の誤りではありません。本当に仙洞御所を巡ったとき、感動して思わず「地表の楽園」!と心のなかで呟いたのです。それほど美しかった!今までいろいろ(海外含め)観た庭園のどれよりも素晴らしいと感じました。ただ、私の撮影技術が追い付かなかった・・・後ほど、写真をアップしますが期待しないで...

公家史観

今、「平成版 内裏・公家町御絵図」の中心となる紫宸殿の作成に取り掛かっているところです。3Dは多少の集中力が必要なので少し充電しています。私は「公家町再建プロジェクト」と題してカテゴリー欄のなかにチョコチョコ記事を載せていますが、具体的にはどう表現していくのか、ハッキリしたことはあまり考えていませんでした。それが最近、近世・幕末の内裏・公家町絵図を見比べているうち、「私の求めていた公家町はこうなん...

たまには株の話でも

今朝のニュースを見たらトランプ米大統領が北朝鮮のテロ支援国家を再指定したそうですね。北朝鮮の強い反発が懸念されます。株価にまたどう影響するのか?見守るしかないですね。今、引き続き出雲大社古代神殿の3D制作を続けています。大国主様には失礼な物言いですが、当初は「丸太を何本か建てればいいや」みたいに気軽に考えてました。ところがどっこいヤッパリ奥深いですね。しばらくかかりそうです。今回は上空からの遊覧のよ...

山陰の旅 萩、秋吉台、山口編

旅も四日目、ついに維新回天の地・萩に到着しました。ここも是非一度訪ねたいと思っていた所です。いつか行ってみたいと思っていたら歳月ばかりが流れてしまった・・・そんな距離感を感じさせる観光地の一つだと思いましたね。地理的にも不利かな。市街自体には前日の午後には着いてました。萩の第一印象は、日本海の内湾に面した自然豊かで穏やかでのんびりした地方都市。ここが維新胎動の長州藩の地、吉田松陰や高杉晋作、木戸幸...

山陰の旅 日御碕、松江、津和野編

出雲大社の参拝を終え、日御碕神社へ行きます。島根半島の岩場の続く西海岸をほんの十数キロ、半島の西端にあっと言う間に着きました。こちらの神社は大社とは打って変わって鮮やかな朱塗り造りの社殿。ここは出雲大社の祖神にあたるところだそうです。ここには下の本社(日沈の宮:祭神は天照大御神。伊勢の天照大御神が昼を守る立場なのに、なぜ宮の名が日沈の宮?)と上の本社(神の宮:祭神は須佐之男命)の二つの本殿からなり、日...

山陰の旅 出雲編

台風一過、綺麗に洗い流した青空が広がりました。日中の温度は盛夏を思わせるものがありましたが、それも束の間、秋の風が汗を消し去ってしまいます。盛夏の山陰の旅、9月下旬でも小旅行記を書きたくなったのは、山陰の旅がとても印象的だったからです。(中国地方全般を含めて)。今年の夏は東京では長雨が続きましたが山陰は比較的晴れていました。ここが山陰? 山陰でも山陽でもない中性的な穏やかさを感じました。 さて、三泊四...

知恵熱が出た!?

今日、いつもの湖畔を散歩していたら、いくら垣根だからといって伸びすぎじゃないか?と思って、でも花の名を知らず帰って調べたら「アベリア」の花。かっこいいじゃん。アベリア(Abelia)とはツクバネウツギ属のラテン名で中国原産の Abelia chinensis(タイワンツクバネウツギの母種)と Abelia uniflora の交雑といわれている、とのこと。公園などの生け垣によく使われるんだそうです。なんか羽子板の羽みたいですね。アベリア...

畳考

まずは3D制作現場から、今、制作中の楼閣3Dですけど屋根が一揃いできました。一口に屋根と言っても入母屋や切妻、方形、唐破風、千鳥派風、むくり屋根とフタを開けたら15パターンもの屋根ができました。単体の楼閣だからと甘く考えていたのは間違いでした。この楼閣、かなり複雑な外観をしていて完成したら「一ひねり考えた記事名」にしようと思っています、なんか、「あぁ、あの楼閣かぁ」と多分わかってみえるかなぁ、と思って...

孫を歌うな、老いを歌うな、夫婦を歌うな・・・

まずは現場レポートから、「インスタやるとAHOになる?」で書いた某楼閣の3D作りですが、とりあえず幾つかある屋根の一つが出来ました・・・、ホントはもっと屋根を作る予定だったのですが、ここ二日、熱が出てしまい作る気になれませんでした・・・。体力無い割に食欲は普通にあるのですが、自分の場合、疲れてくると喉が炎症を起こす癖があって、怠け心に余計拍車をかけている次第で面目ないです。※ 後ですね、書体も人気...

インスタやるとAHOになる??

しばらく3D制作をサボっていたので今、新しい作品に取り掛かっています。前、新選組の最後の本営・不動堂村屯所の間取り図を作成、さあ、これから3Dで立体化・・・・というところで止まったまま。結構な制作日数がかかる予感がして怖気づいて結局そのまま放置状態で今日を迎えました。相変わらずの怠け者です。いずれ、作って完成させる予定ですが、今回は先にコンパクトな亭閣を一つ制作開始しました。何を?、と問われても申...

「上皇様」とお呼びしてよろしいですか?

今月6日、天皇陛下の譲位などを検討する政府の有識者会議が、天皇陛下の退位後の称号を「上皇」とする方向で最終的な調整が進められる方向、との報道がありました。正式には太上天皇、略して上皇さまの尊号は江戸時代の光格上皇以来、ずっと空位のままでしたがこれで、もし平成30年、今上陛下が譲位されたら約二百年振りの「上皇」位の復活です。まさか、歴史上でしか接することができなかった上皇様を、この目で拝見できる機会が...

結局、人類はサイコパスに振り回された歴史だったのか・・・?

つい先日も北朝鮮の弾道ミサイルが日本海に向け放たれるなど、日本の安全保障に直結する北朝鮮情勢は緊迫したままです。そんななか、ここ二か月あまり?国会は森友学園の国有地格安売却問題をめぐる議論で与野党紛糾し空転しています。今月24日に公表され、報道各紙にも掲載された安倍昭恵氏と籠池夫人のメールから、なぜか「辻元清美議員が作業員を下請け業者に送り込んだ」等の辻元議員に関わる部分だけ削除して報道された事に対...

京都、室内撮影OKな社寺巡り

京都の社寺や建築巡りをするとき、けっこう見かけるのが「撮影禁止」の表示版。外観、庭のみの撮影ならOKの社寺も多いけど、室内、堂内の撮影は圧倒的に撮影禁止が多いですね。つい最近でも自由に室内撮影できた島原の揚屋建築の角屋も今は二階部は禁止、京都御苑の元九条家屋敷跡の池にある拾翠亭も室内禁止になったらしい。(禁止前に撮っておいてよかった)。どうも一つの基準として外は良い、うちはダメ!ということらしい。じ...

看板が看板倒れになってしまった・・・

先日来、院政期の法勝寺金堂・八角九重塔を作り直したのでせっかくだから「3D京都」の看板もリニュアールする予定でしたが・・・今日、出来上がった看板、そう、タイトルの背景に使っている金堂・八角九重塔の京都市街をバックにした写真ですが、作り直した方が絶対映えると思っていたのがとんだ誤算でした・・・・文章で書いてもピンとこないと思いますので、新旧の背景写真を載せ較べしますね。まず初期の旧作品の方から(旧タ...

建築雑感 都市の境界というもの。   

つい8日、我が家の飼い犬が死んでしまいました。享年10才。ペット(犬)の平均寿命が12~3才と聞いてますから、ちょっと死ぬのが早すぎた・・・人間で言うならば60才、還暦を迎えたばかりなんですよね・・・翌日、棺桶の代わりにダンボールに入れて火葬場まで持っていきました。朝の9時、火葬場はシーンと静まりかえっていました。人間の火葬は10時過ぎからですからね。この朝の静けさは何のしがらみもないペットを見送る時間帯のよ...

八角九重塔にはどんな屋根が似合うと思いますか?

今回、法勝寺八角九重塔を制作するにあたっては、屋根を、あの平安神宮の鮮やかな緑に輝く「緑釉瓦」にしてみました。近年発掘調査された同八角九重塔の跡地からは、社寺の定番ともいえるグレー系の本瓦葺きの丸瓦が出土されています。従って、緑釉瓦の可能性は低くなってきましたが、それでも院政期を代表する塔建築であるということからあえて華やかな緑釉瓦にしてみました。文献等によれば「檜皮葺」だった時もあったみたいで、...

「蔵」考を書こうと思ったら・・・

今、九条家の文庫蔵を作っている関係で、「蔵」についての歴史や特徴など調べているところですが、そんな悠長なことなど吹っ飛ぶような事件が起こってしまいました。神奈川県相模原市の身障者介護施設での大量殺人事件。身障者の方19名が死亡(7/26日現在)、怪我人も25名も出ているとのこと。亡くなられた方には心よりお悔やみ申し上げます。最近はEUの移民問題に絡むテロやアメリカでの銃を使った無差別殺人事件などおぞましい事...

霞会館京都支所のこと

華族会館といえば、戦前の華族の社交の場として知られていますが、戦後、華族制度の廃止に伴い、新たに旧華族の親睦団体として設立されたのが「霞会館」です。元々華族会館の敷地であった霞が関(三井不動産所有)に、戦後、初めての本格高層ビル「霞が関ビルディング」が建てられたのは今からちょうど50年前の1968年(昭和43年)。36階建ての当時としては超高層建築でした。そのビルの中に同会館があります。10階、11階等さらに会...

えぇ? FC2カウンターどうしちゃったの!?

つい最近、記事は毎週水曜にアップしようと思ってましたが、臨時ニュース! 号外編です。昨日、8日金曜夜、「さぁ、引き続き九条邸の台所をつくるかな」と思ってた矢先、何とはなし、ブログ右サイドバーの「FC2カウンター」のアクセス数を見たらな、何と、一夜にして250カウント越え!その250カウント越えの記念魚拓こんなの初めてですから、「ぇえ! FC2カウンターどうしちゃったの?壊れた?」と、ホント、半信半疑状態・...

もうアルファベットのロゴには飽きた。

世間を騒がした2020年東京オリンピックのエンブレム盗作疑惑騒動。その渦中の佐野研二郎氏のデザイン、自らがデザインした劇場のロゴに似ているとして、ベルギー人デザイナーが使用の差し止めを求める訴訟を起こすなど、世間を騒がし、結果、この案は撤回し新たなエンブレムを募集することになったのは衆知のことです。その盗作疑惑も問題なのですが、私自身、最初に発表された佐野研二郎氏のエンブレムをみたとき、正直とても不快...

「整理部記者」という存在

私は20代の頃、ある地方紙の記者をしていましたが、今に至るまで新聞不信というか、マスコミが嫌いになってしまった面があります。あるときは、現地取材の場所取りで記者同士で罵りあいの口喧嘩、とくにNHKと朝日は傲慢な振る舞いで、地方紙などバカにしきっていました。記者という存在は平社員でも、○○新聞記者という名刺一枚だけでどこへでも土足で入っていけるという錯覚に陥ってしまいます。ですから、「無冠の帝王」気取り...

一輪挿しの文化

花一輪、床の間に据えた「一輪挿し」の文化とは何だろう?花は一輪よりも二輪、より多い方が綺麗で華やかだ。そう思うのが普通の感覚だと思う。でも「一輪挿し」を、余分な物を省いた、より純化された象徴美として捉えた人がいた・・・・その人は千利休、利休以後、日本の文化は目に見える美から、見えない内面の美により価値を見出すようになった。元々、日本にはその素地がありました。室町の世、世阿弥が大成した「能」は、面を...

日経平均 歴史的大幅上げ \1343!!

本日2015年9月9日、日経平均(225)が一日の上昇分としては21年振りの1343円!過去6番目の上げ巾とのことでしたが、自分もビックリしました。今後、もう自分の人生で二度とこんな機会に遭遇することはないだろうなぁ・・・と思いましたが、明日、もっと上がったら、どうしよう?そんなことはないか・・・・実は8月は損が出てしまい塩漬け状態の持ち株が一銘柄ありました。日東工業株ですが、この株が何と今日、前日比798円も反発し...

左サイドMenu

ブログ内検索

短歌も詠います

短歌一覧はバナーを押して下さい。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

お問合せメール

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

<>+-

ブロとも申請フォーム

アンケート

今日の言葉

京都お役立ち情報

短歌ブログランキング

マーケット情報

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

openclose

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

日本史ブログランキング

FC2カウンター

ブログ開設より2017年12月25日までのトータルアクセス数は11万近くを数えました。お礼申し上げます。リセットされた状況は下段に説明しています。

泣く‼ カウンターがリセット!

SSL(暗号化)に対応するためカウンターを一旦削除。再設定したらリセットされ「0」に・・・大泣き‼

2017/12/25日までのトータルアクセス数(一人一日一回のみカウント)は11万近くありました。最近はSSL等の影響でfc2のカウント数と実際の解析によるアクセス数の乖離が大きくなっています。日によりfc2の2~3倍が正味カウント数となっています。2018年を迎えたら、さらに2.5~6倍もの開きになっています。キーワード検索も表示ゼロで、どんな記事、内容に関心があるのか?こちらでも把握できていません。良い記事を書くための参考にしたいのですが・・・残念です。とりあえず現況をお伝えしました。