3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

Category [ 近代明治 1872年⇒  ] 記事一覧

建築雑感 明治の童話

私は幕末から明治かけての古写真を見るのが好きです。眼は如実に物を語るではないですが、今は失われた当時の風景や風俗、社寺、城、街並み、大名屋敷などを見ると「江戸はまるで庭園のなかに都市があるようだ」と当時の来朝した外国人たちも讃えた、その美しさがモノクロームなトーンで目に入ってきます。そのなかでも、自分の夢を底抜けに実現し、まるで明治期の大人の童話を地で描いたようなこの邸宅建築が好きというか、とても...

「あさが来た」のモデル・広岡浅子の生家へ行ってきました!?

今頃、なんで「あさが来た」?第156話の4月2日(土)に最終回の予定なのに・・・後。半月しかない・・・もっと前からブログに書いてれば家の3D化もできたかも?一つに最近めっきりブログアップしてなかったので帯広告が出現してしまった。「記事アップしろ」のfc2さんの催促のイジメ?ですよね。あの、言い訳がましいのですが、昨年末から古くなった実家の家の解体と家財の整理と廃棄、そして工務店さんとの見積もり、そして施工...

新島八重と一枚の古写真

一枚の古い写真を巡って調べていたら新島八重と出会いました。 その古写真とは、幕末、摂家・九条家の河原町別邸と思われる写真です。 (九条家河原町別邸と思われる古写真) この写真は国立国会図書館が所蔵する写真で、以前から気になっていた写真でした。明確に「九条家」の河原町別邸とは確認できなかったからです。 しかし、今回、改めて幕末の御所周辺地図と現在の地図及び所在地の住所など調べるうち、ほぼ九条家の河原町別邸...

もしフランク・ロイド・ライトが日本に生まれていたら?

世界の近代建築の三大巨匠といえば、フランク・ロイト・ライト、ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエの三人とも言われていますが、そのなかでも特にフランク・ロイト・ライトは好きな建築家です。というか彼は天性のデザイナーで建築はその表現手段の一つかもしれません。 若いころの写真です。彼は91歳まで生きました。生涯1000軒もの建築を設計したといいます。 今回の記事「もしフランク・ロイド・ライトが日本に生...

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター