3D京都

いにしえの京都を3DCGで再現します。史話、短歌も詠みます。

User Tag [塔 ]を含む記事一覧

どうも仏塔の比較図が人気あるらしい。

今月に入っての2日の日曜日あたりから当ブログのアクセス数が急に増えてきました。多い時には一日で230PVほどのアクセスがありました。このアクセス数は同じ人が一日何度でもアクセスしても、あくまで一日/一回しかカウントされません。ブログ右カラム下にあるfc2カウンターですけど、時差等の関係もありますが、実質のアクセス数は同Fc2カウンター数よりも1.4~1.8程多いですね。ですから今週は日に200人以上の方が来訪され...

法勝寺フォト集

えぇ、今回は「法勝寺フォト集」と題して、CG写真を掲載します。いままで法勝寺については記事でいろいろと書いてきたので、ここは単純にCGだけ載せます。京都盆地を背景にしたもの、霧に浮かび上がる法勝寺、夜景と法勝寺、等々いろんな角度から。似たようCGもありますので辛抱して見てみてください。ちなみに京都盆地の背景写真ですが、4年前の雪降る寒い京都、某ホテルの展望スペースから撮ったものです。パチパチ一一心...

八角九重塔にはどんな屋根が似合うと思いますか?

今回、法勝寺八角九重塔を制作するにあたっては、屋根を、あの平安神宮の鮮やかな緑に輝く「緑釉瓦」にしてみました。近年発掘調査された同八角九重塔の跡地からは、社寺の定番ともいえるグレー系の本瓦葺きの丸瓦が出土されています。従って、緑釉瓦の可能性は低くなってきましたが、それでも院政期を代表する塔建築であるということからあえて華やかな緑釉瓦にしてみました。文献等によれば「檜皮葺」だった時もあったみたいで、...

法勝寺八角九重塔を作り直してみました。

ちょうど四年程前からブログを始め、ブログトップのブログ名の背景をどんな感じにしようかと思い、そのとき思いついたのが、法勝寺八角九重塔(京都市左京区岡崎)をランドマークにした京都の街並みでした。で、最初に作った3Dがこの「法勝寺八角九重塔」。今思えばよくこんな難しい八角の塔にチャレンジしたなぁ・・・と思いましたが、とにかくブログタイトルの背景ですから、何が何でも作らなければ、という勢いで作ったものです...

えぇ? FC2カウンターどうしちゃったの!?

つい最近、記事は毎週水曜にアップしようと思ってましたが、臨時ニュース! 号外編です。昨日、8日金曜夜、「さぁ、引き続き九条邸の台所をつくるかな」と思ってた矢先、何とはなし、ブログ右サイドバーの「FC2カウンター」のアクセス数を見たらな、何と、一夜にして250カウント越え!その250カウント越えの記念魚拓こんなの初めてですから、「ぇえ! FC2カウンターどうしちゃったの?壊れた?」と、ホント、半信半疑状態・...

東寺五重塔を3Dで作ってみました。

京都の風景と言いますと、新幹線の車窓からも見える東寺五重塔がすぐ思い浮かびます。時代劇の借景にもよく使われ、洛中洛外図もこの塔から俯瞰して描いたものと言われています。(クリックすると大きくなります)東寺自体は平安京鎮護のための官寺として延暦15年(796年)ごろ建立されそれから二十数年後の弘仁14年(823年)には、真言宗の宗祖である空海(弘法大師)に嵯峨天皇から真言密教の根本道場として与えられました。寺域...

京都遊覧飛行 相国寺七重塔を見てみよう

表題の通り、室町時代に存在し、応仁の乱で地上から消えた相国寺の七重塔を中心に京都盆地の遊覧飛行をビデオ化してみました。 同七重塔は総高109mと木造塔としては文献に残る資料も含め史上最も高い塔でした。 存在した期間が71年間と短く三度も消失したため、どのような外観、内観、そして構造かまったくわかっていません。 ということは、無いものを有るものとして3Dで作るわけですから、もうやりかた次第、想像力も半端なく発...

相国寺七重大塔を作り直してみました。

これもブログ初期ですが、今、改めて最初に作った相国寺七重大塔をみて見ると、もう下手くそで見るに耐えないです。 そう見えるということは、自分なりに目が肥え少しづつ上達しているのかなぁ、と自分なりに思う次第です。 当ブログは基本、京都の失われた建築群を3Dで作成し掲載するのが趣旨ですが、 なかなか簡単なことではなく、今後も5年、10年と時間をかけて作っていこうと思っています。 本来ならブログというよりもホーム...

串団子と水煙

相変わらず鳥羽離宮が続きます。 今回は鳥羽離宮に存在した三重塔を3Dで作ってみました。 もちろん、当時の建物はないので、現存三重塔で年代的に一番近い興福寺三重塔を参考にしました。 三重塔及びその関連記述については、今回、堀内明博氏の「日本古代都市史研究」の鳥羽離宮編に絞って参考にさせて頂き、文章も引用させて頂きました。 現在、白川法皇、鳥羽法皇、そして近衛天皇の御陵が安楽寿院及び周辺に存在しています。...

多宝塔を作ってみました。

鳥羽離宮には、当時、三つの塔が建っていました。多宝塔が二つ、三重塔が一つ。現在の安楽寿院があるあたりに建っていました。鳥羽殿で言う東殿、泉殿の区画で同離宮の東側にありました。 白川上皇はこの東殿付近に三塔を建てました。天仁二年(1109年)建立の三重塔から天永三年(1112年)にかけての二基の多宝塔です。上皇は大治4年(1129年)崩御され、この三重塔を御墓所とされました。で、管理人もよくわからないのですが、保延五年...

相国寺七重大塔の瓦屋根を変更しました。

ご無沙汰しております。更新を怠って申し訳ありませんでした。昨日は大勢の方のアクセスを今朝になって知り、驚きと感謝と、そして自分自身の怠惰を恥じ入る次第です。反省しています。まだ書きたいことはいっぱいありますので今後ともよろしくお願いします。 以前、相国寺七重大塔をアップしましたが、レンダリング、色付けの段階で配色が細かすぎて、結果、ブツブツの集合体のようになってしまいました。そこで取り合えず屋根瓦...

相国寺七重大塔を造ってみました

京都御所の北、臨済宗・相国寺派の大本山である相国寺の東郊に「塔の壇」といわれる地名が残っています。これが高さ109mと日本の木造塔としては歴代一位の高さを誇った相国寺七重塔があったところです。何でも昭和4年(1929年)の依佐美送信所鉄塔(250m)竣工までのおよそ530年間、高さ歴代日本一の記録は破られなかったそうです。相国寺は応永6年(1399):落慶供養。足利義満が父義詮の33周忌追善供養のため建立したと伝わ...

東寺から法勝寺八角九重塔を眺めたら・・・

白河法皇の建立した法勝寺、いまだ八角九重塔と金堂しか完成してませんが、心配になった管理人は定点観測の定番地・東寺五重塔から眺めることにしました。と・・・いきなりのこんな書き出しで戸惑われたと思います。実は久し振りに京都の3D地形図を引っ張りだして来て、そこに法勝寺を貼り付けたんです。どんな感じかなぁ・・・と東寺5重から眺めたパース図が一枚目。クリックすると拡大します。以下4枚ともです。 意外と近いじ...

京都地形マップをアップしました。もちろん中心は東寺五重塔です。

今も昔も京都で変わりなく同じ所に建っているのが東寺の五重塔です。今回3D京都の中心ポイントとしても設定しました。現在の塔で4代目かな?確か寛永時代の再建だったと思います。戦国時代においても京都に攻め上った戦国大名がまず御旗を立てたのがこの塔だったといいます。かっこうのPRポイントですからね。基本的に高さは平安建都の頃から変わらず57m程です。さぁ、このランドマークを頼りに京都3Dの旅へ出発です!...

左サイドMenu

たまに短歌

2017年5月8日更新

※ 短歌集はカテゴリー欄にあります。

タグ一覧


全記事(数)表示

全タイトルを表示

※表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

今日の運勢

今日の言葉

京都お役立ち情報

アンケート

ご意見・メールお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

マーケット情報

プロフィール

梅村京一朗

Author:梅村京一朗
(けいいちろう)、
寝つきの悪い夜は、いにしえの京を想いながら寝ます。すると鼓の音のように京の日々歳々が甦ってきます。・・・浅き夢みし男のブログ語りです。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブロぐるめLite


写真提供 ホットペッパー.jp
Powered byリクルートWEBサービス
developed by 遊ぶブログ

右サイドメニュー

最新記事

カテゴリー

  ※ 表示しきれない記事タイトルは「前ページ」で見れます。

人気ページランキング

開始日:2016/11/6

ブログパーツ

キーワード別記事リスト

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索・買物に利用して下さい

人気ブログランキング

FC2カウンター